競馬ふぁん

競馬が好きで、大好きで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついに真打ちか!?先週の3歳戦とPOG

 混迷を極める3歳クラシック路線。先週、ついに「これは本物か!?」と思わせる馬が出現しました。既に各媒体で取り上げられていますが、レッドシューターです。
 土曜東京3Rの新馬戦芝1800㍍に出走したレッドシューター。道中も手応え十分の2番手追走。坂下から仕掛けられると反応良く、坂を上がってから一気に突き放しました。走りが実に纏まっていますし、デビュー戦ながら既に安定感があります。ラスト2ハロンが11秒3-11秒2と桁違い。大物の相十分です。藤沢和厩舎となると、無理に皐月賞というよりは青葉賞→ダービーという路線になるかもしれませんが、これは1戦で有力候補へ浮上です。

 中距離の特別戦・つばき賞はシングライクバード。ゴール前で外から一気の差しを決めました。追えば追うだけ伸びるような末脚でした。見た目に派手でしたが、上がり35秒0。今後の課題はパンパンの馬場で切れを問われた際でしょうか。

 「先週の【狙い目】回顧」で触れていますが、マゼラン(土曜東京6R)の2分25秒7は、この時期の2400㍍としては破格のもの。大跳びのフットワークは広いコースでこそと思わせます。

 土曜京都6Rの新馬戦ではフサイチフェイマスに注目が集まりましたが、出遅れて差を詰めたものの⑦着止まり。対照的に好発を決めたアグネスファストが逃げ切りました。1000㍍65秒3の超スローペースに恵まれたとはいえ、ラスト2ハロンは11秒4-11秒8と纏めていましたし、ゴール前は流していました。追ってからのフットワークも上々です。

 芝・短距離では小倉で勝ち上がったスプリングソング(土曜4R)。抜群の手応えで4角を回り、直線も楽に抜け出し、ゴール前では抑えられていました。1分9秒7は、天候の違いこそあれ、当日の500万特別萌黄賞と同タイム。まだ詰められますし、サクラバクシンオー産駒ですが、単調なタイプではなさそうです。

 デビュー2連勝があまりに楽。オープン特別(バイオレットS)でも当然のように断然人気になったシルクビッグタイム。これまでとは違い、控える競馬になりましたが、問題なし。追い出されると瞬時に反応して、あっという間に前を捕らえました。まさにモノ違いの内容。距離に限界はあるでしょうが、大きなところを狙える器です。



 さて、先週は2頭が出走したPOG指名馬。3位のファリダットは前述のつばき賞に出走。向正面でまたも掛かってしまい、一気に2番手へ。直線も何とか渋太く踏ん張ってはいましたが、叩き合いの中③着に敗れました。デビュー戦の切れ味とこの2走から、やはりビリーヴらしく距離は短い方がいいのでしょう。

 10位指名のオグリキャップ産駒シラユキは代替となった月曜東京2Rの未勝利戦に出走。前2走よりも1ハロン延長でしたが、出遅れて結局後方から。コーナリングで差を詰めて、直線でも目立つほどではないにせよ、それなりの伸びで⑥着となりました。降雪の影響で不良馬場となっていたこともマイナスだったかもしれません。
 
スポンサーサイト

テーマ:POG - ジャンル:ギャンブル

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://guriguri410.blog42.fc2.com/tb.php/996-c8ca2c36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。