競馬ふぁん

競馬が好きで、大好きで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

《再録》【重賞予想】根岸S 【狙い目】 2/4(月)

【重賞予想】
東京11R 第23回根岸ステークス(GⅢ)

 能力はずば抜けているワイルドワンダー。東京ダート<3、1、0、1>。直近の2走で率を下げていますが、追い込みづらい馬場+展開の武蔵野S②着、相手強力の上、距離も長かったジャパンCダート⑤着ですから、ほぼパーフェクトに近いもの。プロキオンSでの弾け方から、1400㍍ベスト。適条件で別定57㌔なら勝ち負け必至という人気になるのは当然です。不安を挙げるとすれば、追い切り時計が思いのほか詰まってこない点。あくまでも目標はフェブラリーS。再度詰め切れない場面も想定しておきたいと思います。

 ハイペースから差し=追い込み決着になることが多いレース。その中で、あえてタイセイアトムを狙います。1000万下から3連勝で一気に重賞ウイナーとなりましたが、そのガーネットSはラスト13秒7とバタバタになりながらの逃げ切りでした。とはいえ、前半33秒1-1分10秒4は、雨の影響が少し残っていたとはいえ、良馬場としては破格の内容でした。距離延長は不安といえば不安ですが、スピードの違いで単騎で行ける組み合わせ。雨もしくは雪で脚抜きが良くなって、何とか粘り込めないでしょうか。

 前走は一旦先頭に立ちながらも最後鈍ったトーセンブライト。当時の58㌔からの2㌔減は大きなプラスです。56㌔、東京1400㍍の4走前の1分22秒4はなかなかの時計。脚抜きが良くなるのもOKのタイプです。

 モマれずに競馬できたとはいえ、初ダートを難なく突破したマイネルスケルツィ。舞台を変えて、新境地を開きました。左回り不得手といわれますが、昨年の京王杯SCやキャピタルSの走りからはそこまで苦手ではないように思います。
 オープンに入ると1800㍍では脚をタメられなかったトラストジュゲムでしたが、1400㍍の前走は一気の末脚。連を外したことがない東京なら再度の好走も。
 間隔はあきましたが、デキは良好のアドマイヤスバル。東京1400㍍を連勝して勢いがあります。

◎(16)タイセイアトム
○(6)トーセンブライト
▲(4)ワイルドワンダー
△1(7)マイネルスケルツィ
△2(5)トラストジュゲム
△3(14)アドマイヤスバル



【狙い目】
東京3R 3歳未勝利(牝)
 道中から勝負どころと終始外を回ったデビュー戦のアクトオンザターフ。枠順以上にロスがありました。それでも、中団から前に取り付く際はなかなかの脚。フレンチデピュティ×ブライアンズタイムなら芝よりもダートへの適性が高そうですし、久保田厩舎も根岸Sのワイルドワンダーはじめ、ダート巧者を育てることに定評があります。変わり身に期待。
 
スポンサーサイト

テーマ:競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://guriguri410.blog42.fc2.com/tb.php/993-e8f11184
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。