競馬ふぁん

競馬が好きで、大好きで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【重賞予想=2/2(土)】東京新聞杯


東京11R 第58回東京新聞杯(GⅢ)

 開幕週とはいえ、逃げ=先行が有利とはいえないのが東京。このレースも基本的に差し=追い込みが決まっています。ならば、実績でも最右翼のカンパニーはやはり外せない馬。同じ左回りの1600㍍、関屋記念が大外も大外を通って直一気。上がり33秒3は強烈無比でした。不得手とされる東京コースも昨年の天皇賞(秋)で③着なら、それまでは何故か走れなかったというだけ。まともならば突き抜けて不思議ありません。不安があるとすれば、同じ休み明けでも昨夏ほどのデキではないかもしれない点。冬場だけあってさすがに完調とはいかないでしょう。

 ここに来ての充実が目立つのはカネトシツヨシオー。準オープンでワンパンチ足りない印象でしたが、3走前の赤岡修騎手の手綱で目覚めたか、直後に高レベルの阪神カップで0秒3差。京都金杯もやや仕掛けが遅れたようにも見えましたが0秒1差。終いの伸びはこのメンバーに入っても見劣りしないまでになっています。末一手だけに東京は歓迎のはず、順調の強みもあります。

 有馬記念は競馬に参加しなかったハイアーゲーム。疲労もなく、十分すぎる乗り込みを積んでいます。右回りの鳴尾記念で復調を示す切れを見せましたが、本来がサウスポー。ズブさをのぞかせた休養前に比べて素軽さを増していて、今ならマイルでも対応可能を思わせます。

 京都牝馬Sと両天秤にかけてこちらを選んだジョリーダンス。安田記念③着なら、当然牡馬との比較でも劣りませんし、条件もベスト。京都金杯のエイシンデピュティは近年の傾向通りに早め抜け出し。もちろん、押し切るだけの力は持っていますが、府中で切れ比べになるとやや劣ります。今のデキで出遅れさえなければ、ひょっとしたら重賞でもの期待はリザーブカード

◎(13)カネトシツヨシオー
○(12)ハイアーゲーム
▲(5)カンパニー
△1(10)ジョリーダンス
△2(8)エイシンデピュティ
△3(11)リザーブカード
 
スポンサーサイト

テーマ:競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://guriguri410.blog42.fc2.com/tb.php/987-121b1444
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。