競馬ふぁん

競馬が好きで、大好きで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先週のPOGと3歳戦

 先週はPOG指名馬は1頭出走しました。8位指名のマイネベクルックスが日曜中山3Rの未勝利戦芝2000㍍で④着となりました。
 芝を求めて、牡馬と走ることになりましたし、適距離からは少し長いと思える2000㍍でしたが、道中の折り合いもスムーズ。前走のように内にモタれる面も見られませんでした。前3頭からは離されましたが、いずれも現在の未勝利では上位の存在だけに、悲観するほどではないように思います。



 いまだに「これはクラシック級か!?」と思わせる素材が数少ない3歳クラシックロード。先週からは5頭を挙げたいと思います。

 中山からは日曜6Rの新馬戦を快勝したトーホウカイザー。道中は後続がバラバラになるペースを2番手追走。勝負どころで手応えが怪しくなりかけましたが、直線では再度加速。ゴール前では手前を替えてフワッとしたように見えましたし、厳しい競馬になった割に余力もまだありそうです。

 直線鋭い脚を使ったのは京都の2頭。土曜5Rの未勝利戦芝1600㍍のシングライクバードは牝馬らしからぬ力強さ。ゴール前でもうひと伸び。距離延長、シンボリクリスエス産駒らしく2走目で良化しました。
 日曜5Rの未勝利戦芝マゼランクロフネ産駒らしからぬ切れ。毛色などからも母系の方が強く出ている可能性も。

 ダートでは好対照の展開で勝った2頭。土曜9R飛梅賞ピエナエイムの切れ味、日曜3R新馬戦リーガルスキームのスピードが目立ちました。
 
スポンサーサイト

テーマ:POG - ジャンル:ギャンブル

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://guriguri410.blog42.fc2.com/tb.php/971-2b6fe4e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。