競馬ふぁん

競馬が好きで、大好きで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【重賞回顧】ガーネットS、シンザン記念

第12回ガーネットステークス(GⅢ)
1△(16)タイセイアトム
2▲(7)スリーアベニュー
3…(12)シアトルバローズ
4△(14)マイネルアルビオン
6◎(4)ベルモントサンダー
9○(13)ニシノコンサフォス

 良馬場とはいえ、前日がやや重でしたから、少なからず脚抜きの良い馬場ではあったでしょう。その分前が止まりづらかったということもあるでしょうが、タイセイアトムが堂々の逃げ切りとなりました。大外枠から好発を決めて、内から並びかけようとしたコパノフウジンなどを競り落として、直線半ばでは勝負を決しました。前後半の3ハロンが33秒1-37秒3。後続に脚を使わせる競馬で寄せ付けませんでした。

 ゴール前ギリギリで②着を確保したスリーアベニュー。自分の競馬に徹したもので、結果には仕方のない面はあります。

 勝ち馬を追いかけた組が失速した中、勝負どころで押し上げたシアトルバローズは立派。ハンデに恵まれた面はあるとはいえ、一応のメドは立つ内容でした。
 初ダートで掲示板に乗ったマイネルアルビオン。ここ4走、芝の重賞・オープン特別で見せ場がなかっただけに、ダートに矛先を向けたのは成功といえば成功。しかし、もうひと押しが足りないのも確かでしょう。

 ベルモントサンダーはスタートで出遅れ、挟まる感じで最後方から。自身のペースで走ることができませんでした。上がりはスリーアベニューに次ぐもの。勿体ない競馬になってしまいました。

 ニシノコンサフォスは速いペースに巻き込まれた感。それにしても粘りが足りなかったのは衰えかもしれません。



第42回日刊スポーツ賞シンザン記念(JpnⅢ)
1○(5)ドリームシグナル
2▲(4)ドリームガードナー
3…(9)マヤノベンケイ
4△(12)タケミカヅチ
5◎(1)ミッキーチアフル
13△(14)ウイントリガー

 スタートで遅れたドリームシグナル。道中は動くに動けない位置に入ってしまい、4角ではブービー。苦しい競馬になりましたが、大外から一気の伸び。2馬身半差を付けたのは、このメンバーでは明らかに力が一枚上でした。

 外枠だった朝日杯フューチュリティSとは違って、道中はロスなく追走。直線では中を割って伸びてきたドリームガードナー。崩れたのは前走だけ。安定みは評価できます。
 ハイペースもありましたが、道中はジワッと乗られたマヤノベンケイ。かなり気のいいタイプで距離に限界があるとみていましたが、4角ではむしろ気合をつけられての追走。一旦は先頭に立ち、渋太く食い下がりました。

 タケミカヅチは同じ条件のデイリー杯2歳Sでは後方で折り合いに専念できましたが、今回は掛かり気味。その分、スパッと切れませんでした。馬場も影響しているでしょうか。
 期待したミッキーチアフルはそれほど末が切れるタイプではなく、もう少し前で立ち回って欲しかったところ。
 
スポンサーサイト

テーマ:中央競馬 - ジャンル:ギャンブル

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://guriguri410.blog42.fc2.com/tb.php/969-af643ef7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。