競馬ふぁん

競馬が好きで、大好きで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JpnⅠを斬る!~朝日杯FS

9日日曜
中山11R 第59回朝日杯フューチュリティS(JpnⅠ)
 札幌2歳S②着→萩S④着。デビュー戦の衝撃がかなり薄れてきてしまっているサブジェクト。しかし、札幌2歳Sでは最終週で馬場が荒れてきた上に早めに動く策、萩Sもやや重。さらには、2走とも1800㍍。いずれも切れを生かせない条件で、敗因はハッキリしています。おそらく今回はタメて弾ける競馬をさせるはず。ゴムマリのような馬体から発揮された爆発力を見せた新馬戦でも書きましたが、本質的には短~マイルの差し馬とみていますから、2週目で荒れていない好馬場の今回は、条件も作戦も整いました。中山マイルでは絶対的に不利は大外枠を引いたのは少々誤算ですが、逆に腹を括って切れ味を生かす競馬をさせられる点ではプラスと考えました。

 ダリア賞をレコード勝ちした後は新潟2歳Sを回避して、秋に備えたスズジュピター。東スポ杯2歳Sは内をすくわれての②着ですが、1400を2回使った後の1800㍍でもキッチリと走れたことが収穫。距離短縮で走りやすいでしょうし、当然叩かれた上積みも見込めます。
 1800㍍でもと期待していた東スポ杯のゴスホークケンは結果的に距離が長かったかも。当時プラス12㌔で少し太かったこともあります。スズジュピターと同じく距離短縮は魅力で、今回は追い切りも強化してきています。

 後藤騎手が選んだということで評価も上がるアポロドルチェ。あまりに1400㍍での強さが目立ってしまった分、延長での1600㍍というのが前述した馬に比べるとマイナスですが、それでも迫力ある走りはこのメンバーに入って何ら劣るものではありません。
 そのアポロドルチェに敗れたものの、内から厳しい競馬で②着争いを制した走りは見どころがあったドリームシグナル。相手なりの感もあり、ルメール騎手も魅力。
 アポロドルチェと上がりタイムは同じだったフォーチュンワードスマイルジャックを物差しにすれば、足りないことはありません。

 前走で阪神ジュベナイルフィリーズを制したトールポピーを下したヤマニンキングリーは続けて好走するタイプではないような気もしますが、嵌れば纏めて差す場面まであるかも。

◎(16)サブジェクト
○(9)スズジュピター
▲(1)ゴスホークケン
△1(14)アポロドルチェ
△2(4)ドリームシグナル
△3(8)フォーチュンワード
△4(11)ヤマニンキングリー

 3連単◎軸1頭マルチ(90点)。
 
スポンサーサイト

テーマ:競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

コメント

306イッタ直後のくり○りす

365ぷっくり膨れた豆を写メらせてもらったYOwwwなんか最近クリ写メココで流行ってるみたいw詳細きぼんぬww
http://tamotamo.net/mote/

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://guriguri410.blog42.fc2.com/tb.php/867-276da885
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

朝日杯FS

予想と結果を一緒にしようかとしましたが、回顧は後にまわす◎1:ゴスホークケン馬単1着固定流し-5頭の10点3連単1着1固定 3着9固定2着総流しサイン?3連単14...

  • 2007/12/09(日) 19:52:16 |
  • きマグレ☆けいば

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。