競馬ふぁん

競馬が好きで、大好きで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京阪杯を斬る!

23日金曜
京都11R 第52回京阪杯(GⅢ)
 驚きのアイビスSD、絶妙の前後半のバランスで5馬身離したセントウルS、極悪馬場でも最後は差を詰めたスプリンターズS。芝スプリントで一変したサンアディユ。鞍上に武豊騎手を配して勝負気配も高く、まともなら圧勝まであって不思議ありません。ただ今回は57㌔がネック。牡馬換算で59㌔というのは、単に他馬との斤量差が広がったという以上にこたえる可能性はあります。

 セントウルSでサンアディユに圧倒的な差をつけられたカノヤザクラですが、こちらも短距離では安定しています。北九州記念は荒れた馬場をハイペースで追走して、50㌔だったとはいえサンアディユには先着しています。今回は斤量面で逆転も可能とみました。

 スワンSはやや消極的だった感のあるブラックバースピン。鞍上の意識として1200㍍の方が自然体で乗れるでしょうか。
 冬場に実績を上げてくるスピニングノアールにとってはそろそろ、の季節。前走に上昇の気配がうかがえました。

 以下、これも1200でこそのアルーリングボイス、ルメール騎手を配したペールギュントまで。

◎(13)カノヤザクラ
○(6)ブラックバースピン
▲(4)スピニングノアール
△1(9)サンアディユ
△2(2)アルーリングボイス
△3(11)ペールギュント

 ◎から馬連・3連複流し。
 
スポンサーサイト

テーマ:競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://guriguri410.blog42.fc2.com/tb.php/823-ceadda9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。