競馬ふぁん

競馬が好きで、大好きで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GⅠを斬る!~マイルCS

18日日曜
京都11R 第24回マイルチャンピオンシップ(GⅠ)
 連覇を狙うダイワメジャー。天皇賞で受けた不利の影響を考慮して、GOサインがギリギリまで出ませんでした。最終追いで5ハロン61秒台をマークしたあたり、デキは持ち直したという声もあります。しかし、古馬になってからは速くても63秒台だったことを踏まえれば、無理やり間に合わせた感があります。時計とは別に、迫力の点で物足りない気もします。天皇賞で◎を打ちながら節操がありませんが、今回は無印とします。

 天皇賞出走組が良績を残すレース。ダイワメジャーをオミットすれば、残るのは②③着馬。2頭ともメイショウサムソンには遅れたとはいえ、不利を受けながらも最後まで伸びたあたりは力の証です。特にアグネスアークは両サイドからまともに挟まれただけに、審議では4頭が不利を受けたことになっていましたが、最も大きい被害を受けていたはず。それでも怯むことなく迫力ある末脚を発揮した勝負根性は見逃せません。少なくともカンパニーよりは上の評価をするべきとみます。これ以上減ってほしくない430㌔の小柄な馬体ですが、攻め駆けしないタイプでも前走より良く見えたあたり、大幅に減るということもないでしょう。力は出せる状態にあります。
 最後に伸びが鈍ったのが距離と思えば、もちろんカンパニーも侮れない存在。相手関係があるとはいえ、関屋記念が大外一気の大楽勝。ベストの1600㍍なら好戦は必至です。

 と2頭を持ち上げておいて、天皇賞7・6番人気が今回2・3番人気。いくら絶好のローテーションとはいえ、それはそれで安易すぎないかという気もします。

 捻ってピンクカメオ。NHKマイルCは一世一代の大駆けのように思えてしまいますが、明らかに距離不適のオークスでも見せ場を作った⑤着。大事に乗られた秋2走はフルに力を発揮したと言えるものではありません。むしろ西下しても馬体減りがなかったことは評価できます。今回はベストのマイル。外差しの利く馬場。時計を詰めてきた坂路での追い切り。先週のエリザベス女王杯、福島記念で古馬を一蹴した3歳牝馬。流れが向いているとみます。

 最重要前哨戦のはずがあまり良績のないスワンS組ですが、ゴール前でグイッとひと伸びしたスーパーホーネットは一味違います。休み明けを使ってプラス10㌔。太めではなく、馬体が充実してきたという評価ができます。オープン特別は勝てても重賞では足りなかった、以前の姿はもうありません。ベストのマイル、切れが生きる京都で大勢逆転も十分です。

◎(14)ピンクカメオ
○(12)アグネスアーク
▲(9)カンパニー
△(7)スーパーホーネット

 馬券は馬連と3連単ボックス(24点)で。
 
スポンサーサイト

テーマ:競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://guriguri410.blog42.fc2.com/tb.php/816-db58e76b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。