FC2ブログ

競馬ふぁん

競馬が好きで、大好きで。

JBC回顧

第7回JBCスプリント(JpnⅠ)<10月31日・大井>
1▲(6)フジノウェーブ
2△(9)プリサイスマシーン
3…(2)アグネスジェダイ
4◎(11)リミットレスビッド
6△(10)ナイキアディライト
7△(12)ベルモントサンダー
8○(15)メイショウバトラー

 地方勢初のJBC制覇を成し遂げたのは御神本騎手=フジノウェーブでした。一度叩く予定が馬インフルエンザ禍により帰厩が遅れ、ぶっつけでの4か月ぶりの出走。しかし、レースでは内の4番手で流れに乗りました。直線では外に持ち出して伸びもしっかり。春の1200~1600㍍での充実ぶりが本物であることを証明しました。自身の時計もしっかり詰めています。

 直線入り口での手応え抜群。押し切るかに見えたプリサイスマシーン。芝での決め脚比べでは厳しい分、ダートの方がより渋太さが生きるのでしょうか。それにしてもあと一歩。
 好枠からスンナリとハナを奪ったアグネスジェダイ。本当のトップクラスとの争いになると掲示板止まりというケースが多かっただけに、大健闘の③着です。

 前に行って踏ん張った上位勢に比べてだらしなかったのは人気2頭。リミットレスビッドは向正面では勝ったフジノウェーブの外でしたが、勝負どころで置かれて直線もジリジリとしか伸びませんでした。2走ボケで片付けてしまえば簡単ですが、ベストの1200㍍でこの結果は解せません。
 メイショウバトラーも3角手前から追っ付け追っ付け。より大きな舞台になった時に、本質的なスプリンターではないことが露呈してしまいました。



第7回JBCクラシック(JpnⅠ)<10月31日・大井>
1○(6)ヴァーミリアン
2◎(12)フリオーソ
3△(2)サンライズバッカス
4▲(4)ブルーコンコルド
5△(3)ルースリンド
6△(5)シーキングザダイヤ

 ドバイ以来7か月ぶりでも、濡れたような毛ヅヤで抜群の気配だったヴァーミリアン。勝負どころで外からブルーコンコルドが進出しても動じることなく、終始5、6番手を追走。直線は馬群に突っ込むような感じでしたが、前が開くとアッという間に抜け出し、4馬身差。完勝でした。これまでは先行しての渋太さで実績を挙げてきましたが、遠征帰りで新しいヴァーミリアンが見られました。一気の爆発力。馬に実が入ってきたということでしょう。昨年④着に泣いたジャパンCダートの主役に浮上したといって過言ではないでしょう。文句なしの強さでした。

 これも久々だったフリオーソ。太めが心配されましたが、マイナス2㌔。スタート直後押した分、少し掛かり気味になり、3~4角でも内田博騎手が懸命に手綱をしごいていました。しかし、直線では手応え以上に粘りを発揮。初の古馬相手、厳しいレースでしたが、連対確保は改めて能力の高さを証明したものです。こちらも叩いてJCダートへ向かう予定で、上積みが見込めるでしょう。

 内枠から巧く外に出したサンライズバッカス。やはりマイルほどスパッと切れないのは距離の壁。距離が延びるJCダートで逆転となると?
 人気を裏切ったブルーコンコルド。3~4角ではスムーズに外を上がっていきましたが、直線入り口で外に弾かれ、サンライズバッカスとの叩き合いにも敗れ④着まで。名古屋大賞典でも③着に敗れるなど、どこかでポカをするタイプではあるのでしょうが、それにしても追って物足りなく映りました。

 地方勢最先着はルースリンド。2角まで後方2番手はさすがにこの相手ではきつい位置取りになってしまいました。それでも直線ではそれなりに目立つ伸び。交流Gでも十分に通用するところは示しました。
 シーキングザダイヤは横山典騎手がソツなく乗りましたが、追って弾ける場面はありませんでした。少しずつ右肩下がりのカーブを描いています。
 
スポンサーサイト



テーマ:競馬日記 - ジャンル:ギャンブル

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://guriguri410.blog42.fc2.com/tb.php/798-d511faf5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)