競馬ふぁん

競馬が好きで、大好きで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JpnⅠを斬る!~JBC×2

31日水曜
大井10R 第7回JBCスプリント(JpnⅠ)
 前哨戦・東京盃①②着の首位争い。当時プラス9㌔でやや重め残りの上、初の1200㍍だったメイショウバトラーの巻き返しが人気になるのも当然ですが(武豊+メイショウのコンビということも影響しているかも)、リミットレスビッドとてここを目標に夏場を休養に充てて3か月ぶりでした。川崎での昨年はJBCマイルとなり距離適性で敗れましたが、今年はベストの1200㍍。再度内田博騎手を配して、前走の再戦ムードなら、念願のGⅠ獲りを果たせるとみます。

 逆転があるとすれば、メイショウだけ。前述通りに太めで初距離の前走は試走という部分もありました。相手はリミット1頭、マークに徹する武豊騎手が怖いです。

 JRA勢でこの2頭を上回れる馬がいるかというと疑問。一角崩しなら、昨年暮れから今年春にかけての充実ぶりが目立ったフジノウェーブと、圧巻の前走から復調なったナイキアディライト
 東京盃組ではベルモントサンダーが③着候補。JRAでのGⅠ実績を買われそうなプリサイスマシーンですが、1200㍍ベストということはなく、これも③着までとみます。

◎(11)リミットレスビッド
○(15)メイショウバトラー
▲(6)フジノウェーブ
△1(10)ナイキアディライト
△2(12)ベルモントサンダー
△3(9)プリサイスマシーン

 3連単フォーメーションで
 ◎→○→▲△1△2△3
 ◎→○▲△1→○▲△1△2△3
 ○→◎→▲△1△2△3
 の3枚(16点)。

07JBCスプリント馬券




大井11R 第7回JBCクラシック(JpnⅠ)
 一昨年が名古屋1400㍍のスプリント、昨年が川崎1600㍍のマイル。今年は大井2000㍍でJBC3階級制覇を狙うブルーコンコルド。東京大賞典の完勝ぶりからもチャンスは十分ですが、帝王賞で意外に伸び悩んで、ボンネビルレコードに内をすくわれた負け方には少し不満があります。力で克服してきましたが、本質的にはマイラー寄りという判断もでき、再び逆転を喫する場面は十分です。

 南関クラシックについて記述してきたように、今年の3歳ダート路線は超ハイレベル。“3強”による壮絶な叩き合いの羽田盃に始まり、断然のレースレコードだった東京ダービー、3歳7月の時点で2分2秒9という驚異のタイムが出たジャパンダートダービー。最後の最後で1冠を勝ち取ったフリオーソ。本来はスピードを生かすのがベストゆえに、JDDは時計の出る馬場が向いたといえなくもありませんが、落鉄をしていてのものだけに末恐ろしい能力の持ち主です。馬インフルエンザ禍の移動制限により帰厩が遅れ、追い切り時点ではまだ重かったようですが、62秒台-37秒台なら一応の態勢は整ったとも見えます。強気の先行策に期待します。

 川崎記念でアジュディミツオーに1秒3差をつけてレコードに0秒1に迫り、ドバイワールドカップでも一応の形は作ったヴァーミリアン。格的には最上位とも言えそうです。ジャパンCダートへの叩き台というフシが見えなくもありませんが、コースにも入って乗り込み量は豊富。昨年のJCダートが休み明けで0秒5差④着なら、一定の仕上がりに達していれば勝ち負けには加われるとみます。

 ピークは過ぎたシーキングザダイヤ、2000㍍は気持ち長いサンライズバッカスは押さえまで。地方勢では今が充実期のルースリンドに一角崩しの期待。

◎(12)フリオーソ
○(6)ヴァーミリアン
▲(4)ブルーコンコルド
△1(3)ルースリンド
△2(5)シーキングザダイヤ
△3(2)サンライズバッカス

 3連単フォーメーション◎○→◎○▲△1→◎○▲△1△2△3(24点)。

07JBCクラシック

 
スポンサーサイト

テーマ:南関東公営競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://guriguri410.blog42.fc2.com/tb.php/797-26351833
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。