競馬ふぁん

競馬が好きで、大好きで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富士Sを斬る!

20日土曜
東京11R 第10回富士S(GⅢ)
 雨は朝方には止みそうで、絶好の馬場状態からもそれほど気にする必要はなさそうです。
 未だに重賞未勝利なのが不思議なエアシェイディ。春は東京新聞杯②着でまずは好スタートを切りましたが、その後は中山記念②着を挟んでマイラーズCで人気を裏切り、安田記念でも末脚は不発に終わりました。「“燃え尽き症候群”か?」とも思えましたが、追い切りは迫力十分。放牧でリフレッシュに成功したとみます。昨年②着に泣いた舞台ですが、安田記念を除けば連対パーフェクトの東京コース。追い出しのタイミングを掴んでいる安藤勝騎手とのコンビは<1、2、0、0>。今度こそ、の期待です。

 1400~1600㍍の一線級と常に戦ってきたシンボリグラン。昨秋から、その戦績には厚みが増しています。カンパニーには敗れたものの、一旦抜け出した関屋記念は折り合いの不安を解消した価値ある内容。先行馬不在のここは、自在性の強みも生きそうです。

 道中はいい追走だったものの、さすがに1200㍍のGⅠと道悪で失速した前走のコイウタ。ヴィクトリアマイルを制した東京マイルで条件好転、巻き返しは十分です。
 開幕週で中山マイルの大外、終いに賭けるしかなかった前走のマイケルバローズ。ゴール前の脚色は断然でした。春にチョウサンを破った東京マイルで妙味があります。
 昨秋の天皇賞で②着したスウィフトカレントは初めてのマイル戦ですが、兄は安田記念①②着のアサクサデンエン。このくらいの距離でタメた方がピリッとした脚が使える可能性はあります。56㌔はいかにも楽。
 ダイワスカーレットウオッカからは離されたとはいえ、桜花賞③着。超ハイレベル3歳牝馬のカタマチボタンはソツのない競馬センスを生かしたいところ。レベル?でもマイルGⅠで②着2回は評価が必要なローレルゲレイロまで。

◎(7)エアシェイディ
○(18)シンボリグラン
▲(13)コイウタ
△1(15)マイケルバローズ
△2(11)スウィフトカレント
△3(8)カタマチボタン
△4(16)ローレルゲレイロ

 3連単軸2頭マルチ◎○-▲△1△2△3△4(30点)。
 
スポンサーサイト

テーマ:競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://guriguri410.blog42.fc2.com/tb.php/787-eaa2bbdc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。