競馬ふぁん

競馬が好きで、大好きで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラ1連敗とあの馬回避で暗雲?のPOGと先週の2歳戦

 ドラフト1位スパークキャンドルの2走目は先週土曜中山2R芝1800㍍の未勝利戦でした。惜敗したデビュー戦から2か月ほど空きましたが、太め感なく見映えする栗毛の馬体。レースぶりも好位のうちで折り合い4角で外に出して、楽に抜け出せる手応えのように見えましたが、追ってジリっぽく、内からマイネルフェスタに差し込まれ2戦連続の②着に終わりました。レースセンスは抜群な半面、手応えほど伸びない切れ不足が露呈してしまったように思います。デビュー戦の回顧でも書きましたが、もっと強引に、逃げるような競馬でもいいように思います。

 札幌2歳Sに出走を予定していたドラ2のポルトフィーノは追い切り後に右でん部に痛みが出たため、回避。症状は軽いようですが、今後は未定とのことです。

 POGに早くも試練が訪れてしまいました…。



 日曜阪神5Rの新馬戦芝1800㍍で勝ち上がったフローテーション。前半1000㍍1分5秒0の超スローペースでも3、4番手で折り合いは付いていました。外回りゆえ道中でも動きなく直線に向くと前を行く2頭よりも先に手が動き、伸びないのかと思いましたが、エンジンが掛かってからは上々の伸び。迫るアドバンスシチーを抑えました。武豊騎手が新馬戦でムチを5発くらい使ったのは珍しいケースではないでしょうか。左から右へ持ち替えてもいたように、真っ直ぐに駆けていないということでしょう。スペシャルウィーク×リアルシャダイは少し重めの配合とも思え、いざという時に瞬発力に欠けそうな気もしますが、底力が問われると浮上してきそうです。

 フローテーションと同じ武豊騎手+橋口厩舎で、土曜阪神5Rの新馬戦芝1200㍍を勝ったのがラベ。好発から2番手、直線で抜け出すとゴール前では馬が遊んでいるようにも見えました。時計はまだ詰まるでしょう。馬体はもう少し増えてほしいところ。ダンスインザダーク産駒ですが牝馬だけにソコソコには走れそうです。

 土曜阪神1Rの未勝利戦芝1200㍍は、エイムアットビップがレコード勝ち。終始2馬身ほどのリードを保つ逃げ、4角でもう勝負ありという手応え。直線でも突き放して6馬身差をつけ、1分8秒6。ゴール前は抑える余裕がありました。スピード抜群の印象、下手に折り合わせるよりはスピードに任せた方が良さそうです。

 中山では前述スパークキャンドルを負かしたマイネルフェスタ。時計も悪くなく、昇級してもソコソコには。

 札幌では日曜2Rの未勝利戦芝1500㍍。後続を9馬身千切った一騎打ちは1分30秒5という好時計を生みました。勝ったウインギガシャトルのマイナス14㌔は絞れたもの。タイキシャトル×ストームキャットですが、レースぶりには単調さは窺えません。敗れたマルカベストは終始外からウインギガシャトルに被される形。それでも4角では一旦前に出たように、能力の高さは示しています。初戦がサブジェクトの②着、若さを見せなくなり、そろそろ初勝利のチャンスでしょう。
 
スポンサーサイト

テーマ:POG - ジャンル:ギャンブル

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://guriguri410.blog42.fc2.com/tb.php/763-92413c58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。