競馬ふぁん

競馬が好きで、大好きで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々に愛馬出走で歓喜?のPOGと2歳戦開催チェック

 函館2歳Sを獲るつもりで指名した(5位)シャドウデイルでしたが、芝1200㍍の新馬・未勝利を②③着と勝ち切れず、間隔を取って、日曜札幌1Rの未勝利ダート1000㍍に出走しました。
 断然人気(1.9倍)に支持されたシャドウデイル。安藤勝騎手にしては珍しくハナにこだわったようで、向正面で押して先頭に。1馬身程度のリードを保って直線に向くと、追い出してアッサリと突き放し、4馬身差快勝でした。プラス8㌔で少し太かったように思いますし、まだ上積みは見込めそうです。2歳戦のダートの番組が少ないのが気掛かりですが、こうなったら、父アグネスワールドに続く父仔2代の全日本2歳優駿制覇と行ってもらいましょうか(笑)



 新潟2歳S・小倉2歳Sの回顧はこちらで。

 夏競馬最終週。先々週新馬勝ちした同厩ベンチャーナインを追い切りでアオっていたスマイルジャック。土曜新潟6Rの新馬戦芝1600㍍に出走しましたが、センス抜群の走りを披露。好発からスローペースを折り合って、終始2番手で余裕の手応え。直線に向いて軽く仕掛けて先頭に立つと、ムチを使う場面もなく快勝しました。これは追ってもキッチリ伸びていたでしょう。父タニノギムレットで母の父サンデーサイレンス。母シーセモアがサンデー×マルゼンスキー。その前にセントクレスピンが付けられている本格的配合。先が楽しめる素材とみます。

 日曜札幌4Rの新馬戦芝1800㍍は3、4ハロン目が14秒台で、1000㍍68秒0、1200㍍1分21秒0の超スロー。いくらセンスを見せられても、これだけ遅いのは「?」ですが、内々でジックリと折り合ってラスト1ハロン11秒2ならヤマニンキングリーはソコソコの評価は必要でしょうか。これで3勝目となったアグネスデジタル産駒の母の父はいずれもヘイロー系です(コスモビットジョリーズヘイローアモーレヴォレダンスインザダーク、ヤマニンキングリー=サンデーサイレンス)。

 土曜札幌4Rの新馬戦芝1200㍍はパッションローズは楽勝といっていい内容でした。ソエ気味ということでしたが、そんなことは感じさせない走り。直線では藤岡佑騎手が後ろを振り返る余裕。真剣に追う必要がありませんでした。マイルまでなら何とかこなせないこともないとは思います。

 これまでに取り上げてきた馬が未勝利戦に出走していましたが、ダイワアンリが巻き返して①着(土曜新潟1R芝1400㍍)。土曜札幌1R芝1800㍍ではマルカベストが競馬にならず⑧着、ダノンマスターズは走る気が見られず殿⑩着。ここを勝ったオリエンタルロック、②着のリアルヴィクトリーはいずれもミゼリコルテが勝った新馬戦組です。



 3週しかなかった今開催。本質はマイルくらいまでの差し馬と見ていますが、札幌で弾けたサブジェクトは本質的にはマイルまでの差し馬と思っており、前述したスマイルジャックが№1になるでしょうか。

 で、これまでのランク付けとなると

-①位 ポルトフィーノ
↑②位 ミゼリコルテ(前述通りに新馬組が未勝利で上位に)
-③位 アーネストリー
↓④位 タケミカヅチ(まだ若さあるが見限れず)
初⑤位 スマイルジャック

 としておきます。
 次開催くらいからは、牡・牝分けてランク付けできればいいですが…。
スポンサーサイト

テーマ:POG - ジャンル:ギャンブル

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://guriguri410.blog42.fc2.com/tb.php/738-88eb43c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。