競馬ふぁん

競馬が好きで、大好きで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中央競馬開催!

 馬インフルエンザ禍により、先週の開催が中止となった中央競馬ですが、今週末の開催は予定通りに行われることがJRAから発表されました。
 JRAによると、先週の中止後に発熱馬や出走予定の競走馬への検査など、疫学的な調査に全力を挙げて取組み、流行状況全体を分析した結果、25(土)、26日(日)の開催から、公正で充実した競馬の実施が可能であると判断したとのことです。
 また、「世界共通のルールとして、レース出走前に発熱やケガの症状が認められれば出走することはできませんが、『発熱などの症状がなく、体調に問題がない』競走馬の出走が制限されることはありません」としつつも、発熱などの症状がなくとも、陽性であることが確認された馬については出走させないとしています。
 さらに、木曜日の出馬登録の受付時間を8時から10時45分とし、11時頃から出馬投票を行った全馬について検査を行い、陽性馬の出馬投票を取消した上で出馬表を発表するということです。これに伴い、馬番なしの出馬表の発表時刻が21時頃へと変更されます。

 中止となった先週の競馬ですが、札幌記念は9月2日(日)、新潟ジャンプS(土)が9月1日にそれぞれ行われることも併せて発表されています。



 JRAが開催へ向けて最大限の努力を行うという姿勢を示した今回の発表だったように思います。
 木曜日の出馬登録後の検査も当然といえば当然ですが、万全を期してのもの。「世界共通のルール」がありながらも、陽性であれば出走させないというのも、ファンが納得できる措置ではないでしょうか。
 理事長が変わる前に何とかしたい、という思惑も少なからずあったとは思いますが…。

 開催の有無が分からないままでの調整でしたから、陣営も態勢を整えるのに苦慮しているはず。それを如何にして見極めるか…これは調教タイムなどを見て判断するしかなさそうです。
 ちなみに新潟記念では、「開催の有無がハッキリしてから」ということでトウショウヴォイスヤマニンアラバスタが追い切りを木曜日に変更しています。また、ヴィータローザタマモサポートが月、火曜の検査で陽性反応が出たということで回避。クラブのホームページで陽性を明らかにしつつも登録していたマイネルレコルトは陰性に変わったものの回避するようです。さらにはアドマイヤフジは函館での調整中、ここは回避しておそらく札幌記念へ向かうのではないでしょうか。

 ひとまずは一息つけることになりましたが、今後もJRAにはある程度の期間、検査を続けてほしいものです。馬インフルエンザ禍が徐々に縮小傾向にあるのは確かですが、念には念を入れる必要があるのではないでしょうか。



 JRAは開催にこぎつけましたが、計117頭のインフルエンザ感染が明らかになった金沢競馬は26(日)、27日(月)の開催を中止することになりました。
 まだ馬インフルエンザ禍が消えたわけではありません。
スポンサーサイト

テーマ:馬インフルエンザ - ジャンル:ギャンブル

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://guriguri410.blog42.fc2.com/tb.php/720-911afdb7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。