競馬ふぁん

競馬が好きで、大好きで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金沢中止、大井は陰性!MXは…

20070819002219
 JRA、大井ととどまることを知らないかのような馬インフルエンザ禍。
 新たに金沢競馬で、簡易検査により所属馬3頭が馬インフルエンザに感染していることが判明しました。これにより、19日(日)20日(月)の開催は中止となりました。
 各主催者がキチンと検査をしていることに安心しつつも、馬インフルエンザが狭い範囲に留まらないという現実を思い知らされます。交流競走が頻繁に行われているのだから、当然なのかもしれませんが。

 所属馬1頭に発熱と鼻水の症状が確認された大井競馬は土曜日の開催を中止としましたが、インフルエンザ簡易検査キットによる検査で陰性と判定されました。
 これで月曜日からの南関東開催は予定通りに開催されそうです。

 さて、JRAの開催が中止となってテレビ・ラジオも大慌てだったことと思いますが、非常に残念な措置を取ったのがフジサンケイグループです。フジテレビ「うまなで」も「スーパー競馬」もニッポン放送「日曜競馬ニッポン」も、全く競馬と関係ない番組に差し替えられます。最もファンの関心を集める日曜日のメーンレースを中継している局がこんな対応か、と正直ガッカリです。サンスポ、、競馬エイト、ギャロップと系列の紙媒体がそれなりに頑張っているだけに余計に「本当に競馬を放送したいの?」と思ってしまいます。ビデオ・DVDやCSで競馬に力を入れているだけに、切なくもなります。

 他の放送は大井のMXテレビしか拝見していないのですが、非常に頑張っている印象を受けました。司会者が変わり「こいつら競馬好きでもないだろ」と若干の違和感を覚えていたのですが、代替の放送内容はなかなかのもの。今年の大井で行われた重賞と新馬戦、さらにはJBC過去6年をノーカットで流すというものでした。近いところでは壮絶な叩き合いを繰り広げた羽田盃(改めて見ても興奮を隠せませんでした)に始まった“3強対決”に沸いた南関クラシック。ロジータの孫レギュラーメンバーが勝ち、アドマイヤドンやブルーコンコルドが圧倒的な強さを見せたJBC。アウスレーゼやルースリンドがなぜか強い印象を与えられた南関重賞。“過去を振り返る”という意味でも非常に楽しく見ることができました。
 画像はそんな番組の一部を勝手に拝借したものです。本来は…ですよね。
スポンサーサイト

テーマ:競馬日記 - ジャンル:ギャンブル

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://guriguri410.blog42.fc2.com/tb.php/713-87b320ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。