競馬ふぁん

競馬が好きで、大好きで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウオッカ、断念かぶっつけか

 “半世紀以上の空白を埋め”牝馬によるダービー制覇を成し遂げ、秋には凱旋門賞への参戦も決まっていたウオッカにアクシデント発生。
 先週4日の調教後に右トモに異常がみられ、診断の結果蹄球炎を発症していることがわかりました。これにより、出国検疫のために15日に予定していた美浦トレセン入りを断念、遠征に暗雲が立ちこめています。
 8日から運動を再開するということですが、「今後はレースに合わせて馬を作るのではなく、馬に合わせていこうと(谷水雄三)オーナーと確認した」(角居調教師)とのことで、様子を見ながらの調整となりそう。
 回復次第ではぶっつけでの凱旋門賞出走も可能ですが、昨年ディープインパクトが敗れた際に「前哨戦を使っていれば…」と言われたのは、いまだに記憶に新しいところ。夢は来年へ持ち越されるのか、斤量の軽い3歳のうちに出走させるのか。馬の状態はもちろんですが、陣営にも難しい選択が迫られます。

 また、同じく凱旋門賞に出走するメイショウサムソンにとっても、帯同馬をどうするかなどの課題が生じてしまいました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://guriguri410.blog42.fc2.com/tb.php/700-13ce699a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。