競馬ふぁん

競馬が好きで、大好きで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いきなり大物登場?の新馬戦

 夏競馬と同時に始まったダービーへの戦い、新馬戦。
 どうしてもローカル色が強いだけに、評判馬は函館、札幌や秋開催以降のデビューになりがちですが、今年は一味違うかもしれません。

 日曜京都5Rのオースミダイドウ。芝1200㍍1分11秒6は水準級かそれ以下という程度ですが、馬上の武豊騎手はチラッと後ろを振り返るくらいで何のアクションも起こしていない大楽勝。494㌔の好馬体。武騎手が「クラシックレースを目指したい」というほど。まさか開幕週からこんな大物が出るとは思いもしませんでした。この後は秋まで休養とのこと。再登場が待ち遠しい逸材です。

 芝1700㍍が組まれるようになり、昨年はフラムドパシオンがデビュー。だいぶ福島の新馬戦も徐々に変わってきていますが、今年は短距離でもなかなかの素材が登場しました。土曜5Rのマイネペローラはいかにも平坦のスピード比べに向きそうで、早熟という印象もありますが、決着時計はタイレコードでしたが、まだ手応えには余裕。追えばレコード必至だったでしょう。日曜5Rのクーヴェルチュールも好発から手応えは楽、危なげない勝利でした。京王杯2歳Sを勝ったスキップジャックの下、マイルくらいまでなら距離も大丈夫そうです。

 土曜函館5Rのローレルゲレイロの58秒5は今年の時計が若干掛かり気味の馬場を考えれば上々。オークスを制したキングヘイロー産駒。母の父がテンビーだけに、距離に限界はあるでしょうが、ここ一番で爆発力を発揮しても不思議ないのではないでしょうか。
 日曜函館5Rのエーシンダームスンはエイシンのオーナーの息子さんの持ち馬らしいのですが、エイシンらしい2歳向きの印象を受けました。時計は相当優秀。1200からマイルくらいなら楽しみな存在です。


 競馬の中心はやはりダービー。2歳戦をじっくりと把握して来年につなげていきたいと思います。

↓↓ クリックお願いします。
FC2 Blog Ranking
↓↓ 新たにこちらにも登録しました。
人気blogランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:POG - ジャンル:ギャンブル

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://guriguri410.blog42.fc2.com/tb.php/63-0a9261c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。