競馬ふぁん

競馬が好きで、大好きで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎馬の回顧

 半分しかお金が返ってこなかった先週末の予想ですが、なんとか次に生かすために復習といきます。

<土曜>
東京9R 東京ハイジャンプ(J・GⅢ)
 テレジェニック=2着(2人気・3.5倍)
 道中の位置取りもいつも通り、コース取りも巧みで、渋り気味の馬場を考えれば直線の伸びも上々。これは相手が悪かったとしかいいようがありません。勝ったスプリングゲントは東京の連続障害もあっさりこなし、今後は中山での大一番でバンケットなどをどう走るかでしょう。

東京10R 湘南S
 マヤノグレイシー=3着(1人気・3.9倍)
 直線に向いてのエンジンの掛かりが遅かったような…これがクラスの壁?しかし、逃げたガブリン=番手のニホンピロキースの決着なら、流れが向かなかったのは確かで、坂を上がってからの伸びも迫力十分。今後も目が離せないのは当然でしょう。

東京11R ブリリアントS
 アルファフォーレス=2着(2人気・4.0倍)
 逃げたカイトヒルウインドに一角で寄られる不利。まさかハードクリスタルより後ろの位置取りになるとは思ってもみませんでした。それでもサイレントディールに交わされたとはいえ、何とか流れに乗り追っての味があるタイプとはいえないなりに当面のライバル・ハードクリスタルには先着。今後は詰めの甘さ解消が課題となるでしょう。

東京12R 江の島特別
 レイズユアドリーム=1着(2人気・3.9倍)
 例によって(?)出遅れて1馬身ほどの不利。後方でダンマリを決め込んで直線勝負。残り300くらいから追い出して、先に抜けたジップを交わすのには手間取りました(1/2馬身差)が、3着にはさらに2馬身差。まずは完勝といっていい内容。元々が素質を高評価されていた馬、今後は出負け癖をなくせば重賞レベルでも狙えるでしょう。

 皐月賞以降好調時に比べると一息だった内田博幸騎手の復調ぶりと、やはりというべきか、藤田騎手の好調ぶりが目についた土曜日でした。




<日曜>
東京1R 3歳未勝利(牝)
 デアリングワールド=2着(1人気・2.1倍)
 ハナに立てましたが、終始勝ったクレヨンルージュにマークされる形。直線に入ってすぐにもう手応えが違っていました。それでも楽々の2着確保かと思いましたが、ラスト1ハロンで甘くなり最後はクビまで迫られてのヒヤヒヤもの。現状では1400㍍が多少長いのかもしれません。直近の適鞍は福島4日目と8日目の牝馬限定の1150㍍ではないでしょうか。

東京2R 3歳未勝利(混)
 ダイワダイハード=4着(1人気・2.7倍)
 外枠からジワッと2番手。流れに乗ったもののどうにも最後の詰めに欠けるのは一連のレースぶりと何ら変わらず。ただ、この馬自身は持ち時計を短縮しており、これが現状の力という見方もできます。

東京3R 3歳未勝利(混)
 ボーマンド=1着(1人気・2.5倍)
 道中は仕掛け気味に後方4番手。マイペースで逃げこみ態勢に入ったヤマニンイグナイトを捕らえた伸び脚は着差(3/4馬身)以上に見応えがありました。時計が掛かったことだけが差し切りの要因とも思えず、おそらく良馬場ならより切れ味が生かせるでしょう。昇級しても相手次第では買える存在です。

東京4R 3歳未勝利(混)
 タグハイアー=14着(12人気・47.2倍)
 4、5番手の追走から3角では3番手に進出。しかし、すでに鞍上の手は動いていて、直線ではおつりがなく、ボス騎手は残り300㍍くらいからは追っていませんでした。全く恥ずかしい◎となりましたし、初ブリンカーの効果のほどもつかみきれません。それでも、時計のかかる長距離戦でいつかは穴をあけないかな、と思い込んでいます。

東京5R 3歳500万下(混)
 ウインブラッド=10着(5人気・11.4倍)
 芝の部分で前に行けず、中団から。前々の決着だったとはいえ、最後も全く伸びる様子がありませんでした。チグハグな競馬ぶりで勝ち上がった未勝利戦を評価したのですが、チグハグになってしまう気性が問題なのか、距離なのか。距離短縮や外枠でもう一度狙いたいと思います。

東京6R 3歳500万下(混)(特指)
 ニシノフリーダム=1着(1人気・2.7倍)
 道中はポツン殿から、道悪のせいか行き脚がつかない印象。3~4角でまくり気味に進出、直線はインに切れ込みながら一気に先頭へ。長くいい脚を使った分、最後はバタバタになりましたが、ハナだけ凌ぎきりました。さすがに古馬との対戦+昇級で即通用とはいかないと見ましたが。

東京7R 3歳500万下(特指)
 トレノジュビリー=4着(1人気・2.3倍)
 押して2番手につけるが、そこまでに脚を使う。直線入り口では手応えが怪しくなり、3着には5馬身差をつけられました。決して道悪がいいタイプではなく良馬場で見直したいです。短距離なら古馬とぶつかっても互角以上では、と思います。

東京8R 4歳上500万下
 スプリントシチー=9着(6人気・11.8倍)
 前に行った2頭(ハギノトリオンフォ、ピサノヘネシー)が後続を離したまま、抜けて強かったレース。追走が楽な場面が一度もなく、直線でも伸びそうで伸びないという内容で、今回のメンバーの中では正直買い被りすぎたかなという気がしています。

東京9R エーデルワイス賞
 マチカネゲンジ=9着(1人気・1.9倍)
 直線全く伸びず…ノメっていたようで、道悪が影響したとしか思えない内容。一応参考外としたいと思います。

東京10R 伊勢佐木特別
 イエス=1着(1人気・3.7倍)
 モマれることなく5番手を追走。勝負どころの手応えも抜群。力通りの内容で完勝といえるでしょう。昇級してすぐに上位というのは微妙ですが、大崩れのないタイプ。掲示板以上は狙えるでしょう。馬券圏内に入れるかどうかは相手次第といったところでしょうか。

東京11R エプソムカップ(GⅢ)
 マチカネキララ=3着(1人気・1.6倍)
 道中は手応え十分、直線に入っても横山典騎手が周りを見てから追い出すあたり余裕かと思われましたが、トップガンジョーに競り負け、最後はグラスボンバーにもかわされるようでは…。道悪が敗因としても「秋は天皇賞を狙う」というには乏しい内容だったと思います。

東京12R 4歳上1000万下(混)
 コスモジャイブ=8着(3人気・5.6倍)
 掛かり気味に400㍍通過あたりで先頭に。単調なスピード型に思え、東京1400㍍では厳しかったのかもしれません。河野厩舎だけに夏に使うなら函館→札幌でしょうが、時計がかかる平坦で良さが生きそうなタイプだけに馬場適性などはあるでしょう。降級にはなりませんが、次走見逃せない馬といえそうです。

中京11R CBC賞(GⅢ)
 アグネスラズベリ=8着(1人気・3.0倍)
 道中から全く追走に余裕がなく直線も伸びる場面がありませんでした。前走でマイルを克服したあたり、現状では1200㍍は短いのかもしれませんし、ひょっとしたらデキが一歩だった可能性もあります(そう指摘する専門紙TMも何人か見受けられました)。

 グリーンチャンネルでもゲスト解説だった水上学氏が指摘されていましたが、降雨の状況や時計のかかり方と、JRAが発表している芝の馬場状態の整合性に疑問を感じる日曜日でした。

<追記>
 日曜10Rのイエスは勝って同条件でした。昇級というのは誤りです。今回のような2000㍍超のダート戦が夏競馬ではなかなかないので、今回のような競馬ができるかどうか。ひょっとして夏休みに入る可能性もありますね。

↓↓ クリックお願いします。
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ:競馬の予想結果 - ジャンル:ギャンブル

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://guriguri410.blog42.fc2.com/tb.php/54-12617760
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。