競馬ふぁん

競馬が好きで、大好きで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高松宮記念回顧

第37回高松宮記念(GⅠ)<3月25日・中京>
1○(8)スズカフェニックス
2…(17)ペールギュント
3▲(11)プリサイスマシーン
4…(4)ビーナスライン
5△(16)オレハマッテルゼ
6△(9)マイネルスケルツィ
8◎(1)シーイズトウショウ
14☆(3)サチノスイーティー

 もう様々な媒体で書かれていることですが、一昨年のアドマイヤマックスの再現となった、スズカフェニックスの快勝劇でした。②着につけた2馬身半というのも一緒です。
 予想の中で懸念していた位置取りですが、11→7→5という通過順。前半3ハロン33秒8は馬場を思えば、平均より少し速いくらいのペースを実にスムーズに追走。行き脚がついてからが、実に速く、4角ではもう先頭に並びかけるくらいの勢いがありました。直線で弾けるのはいつものこと、ケチのつけようがない圧勝でした。

 波乱を演出したペールギュント。外枠もよかったと思いますが、母ツィンクルブライドは1994年桜花賞②着ながらも、挙げた2勝はいずれも1200㍍ということで、隠れた短距離適性があったということでしょうか。

 プリサイスマシーンは1400㍍がベストということかもしれません。反応が鈍かったのは、馬場か左回りかハッキリしませんが、短距離系ながらも即座に仕掛けに反応できないズブさらしきものがある分、スプリントGⅠでは詰めが甘くなるのではないでしょうか。

 ビーナスラインはデキの良さを生かしきりました。オレハマッテルゼはここ数戦の中では、一番走りがよかったように思います。それでも、この程度に留まるあたりが、物足りませんが。マイネルスケルツィはもう少し前目で流れに乗りたかったと思います。

 期待したシーイズトウショウ。1枠1番でしたが、池添騎手が9Rはなのき賞(アロープラネット=②着)で同じゲートから、試し乗りできただけに、それほど心配していませんでしたが、直前までは内外にそれほど差があるとは思っていませんでしたが、ここまで伸びを欠くとなると、馬場が敗因という気もします。と同時に、フックラと見せ、落ち着いたパドックからは、競走馬としての意欲のようなものが欠けてきたのかも、とも感じます。

 サチノスイーティーは線の細さが目立ちました。やはりGⅠでは力不足だったということでしょう。



 初の芝1200㍍で一気に頂点へ駆けたスズカフェニックス。この後は、安田記念へ直行するようです。
 どちらかといえば、マイル寄りと思われていたアドマイヤマックス、オレハマッテルゼが高松宮記念を制した後、マイルでは案外はレースをしています。それまで1200㍍を使わなかっただけで、その実、ベストは短距離だったということがようやく判明したともいえます。
 果たして、スズカフェニックスは? 今回の勝負どころでの行き脚のつき方からすると、上記2頭と同じ道を歩みそうな気がしないではないのですが…。



web競馬王
『競馬王』の最先端馬券理論がアナタの的中を完全サポートします!


馬券戦略研究サイト「競馬ラボ」生きた馬券情報が全て無料で手に入る!

〓〓 競馬の新しい楽しみ方、ご存知ですか? 〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓



 ◎入会金無料キャンペーン実施中!



 ▼まずは「競走馬一口共同出資クラブ」のシステムをご確認ください

  数千名の会員様が、毎週末の競馬開催をエンジョイしています!



〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓




仲谷式 RATE BUSTER!
仲谷氏が自らを「馬券投資家」と称し、馬券を運用した結果で億ション(高層マンション)を一括購入した!注目の馬券予想氏!!

☆あなたの『最強の予想』でBIGな賞金と☆

予想家デビューのチャンスを掴み取れ!!

総額なんと600万円超!の予想大会!

☆無料エントリー受付中☆

お宝競馬テレカ鑑定団

アフィリエイトはエーハチネット

IPAT投票をご利用の方!必見!

↓↓ いつもありがとうございます。
にほんブログ村 競馬ブログへ
スポンサーサイト

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://guriguri410.blog42.fc2.com/tb.php/535-4f8fd782
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。