競馬ふぁん

競馬が好きで、大好きで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

低迷打破祈願~アメリカJCCを斬る!

21日日曜中山11R 第48回アメリカジョッキークラブC(GⅡ)
 先週の日経新春杯同様、何とも冴えない第三者による評価だと格下げされかねない、層の薄さが言われ続ける中長距離重賞のメンバー構成となってしまいました。

 「ディープインパクトさえいなければダービー馬」。こう言われ続けて不調を辿ってきた(4)インティライミ。一応の復調が窺えた前走でしたが、内から交わされ外から詰められという内容は完全復活とはいえないものでした。“打倒ディープ”を誓ったダービーでの強気の攻めこそが最大の武器だと思うのですが、まだ本来の脚が全面に出てきません。それでも、8割あれば勝てる相手ですが。昨年シルクフェイマスで逃げ切った柴田善騎手の手綱で、今年も逃げ切りの場面が見られるのか。ディープ、ハーツクライが去った中長距離路線の凋落に歯止めをかける走りを見たいものです。

 新星期待なら(5)マツリダゴッホということになるでしょうが、本当に距離伸びていいのかどうか。まだ信頼とまではいきません。
 先行してこそだった(7)シルクネクサスが前走で味な競馬。タメて差しが利くようになりました。1800㍍を超える距離ででの勝利は初めてでした。京成杯を勝ち、土曜メーンも圧勝した松岡騎手の勢い込みで相手筆頭に。休養効果がありそうな(8)フサイチアウステルまで。
 (9)ジャリスコライトは冬場の太め残りが目立つ藤沢和厩舎。ブランドで人気が落ちないなら様子見とします。

◎(4)インティライミ
○(7)シルクネクサス
△(8)フサイチアウステル
△(5)マツリダゴッホ

↓↓ いつもありがとうございます。
 にほんブログ村 競馬ブログへ  人気blogランキングへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://guriguri410.blog42.fc2.com/tb.php/431-19c12dab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。