FC2ブログ

競馬ふぁん

競馬が好きで、大好きで。

2006年を振り返る~「競馬ふぁん」的JRA賞

 もう大晦日…。

 今年2月から始めた「競馬ふぁん」ですが、なんとか2006年を乗り切ることができました。

 改めて振り返ってみると、桜花賞前には3歳牝馬クラシック路線を「レベル的には?????」などと言っていたり、その評価も秋には一変、いきなりハイレベルとしていたり。全く一貫性に欠けるというか。

 このブログを始める前(つまり2005年まで)は、1シーズンに1レースずつしか当たらなかったGⅠが、今年は2レースずつ的中させることができました(フェブラリーS、ダービー、秋華賞、天皇賞・秋)。特に秋の2鞍は、じっくりと考えての結論で、自分の予想に少し自信を持たせてもくれました。全馬のコメントを掲載していくことで、各馬への評価を改めて考えるようにもなりましたし、そういう点ではこのブログをやっていた意味があったと思います。

 反省点というと、予想があまり当たっていないのは当然として(苦笑)、ブログ上での場名やレース番号などの表記の仕方が、その時によってバラバラだったことでしょうか。パソコンでUPできるときはいいのですが、携帯からとなるとどうも…。あまり色を使ったり、文字の大きさを変えないほうがいいのかな…などと試行錯誤です。

 「この馬、消しちゃった!」も最後の方は酷かったですね。危ない人気馬を消して、好配当を狙おうかと思って行った企画でしたが、完全な企画倒れでした。2006年限りでやめます!(笑)

 来年はまた新たな企画・シリーズものを考えております。



 閑話休題。2006年を彩ってくれた人馬を振り返っていきたいと思います。

「競馬ふぁん」的JRA賞
☆年度代表馬
 カワカミプリンセス
 とてもいらないだろうと思っていたオークスで圧巻の強さ。その後は素直に、アッサリと評価を変えさせてもらいました。しかも、その変えた評価に応えてくれました。エ女王杯は残念は降着でしたが、その強さは歴然。久々にイレ込ませてくれた馬でもあります。そのあたりは秋華賞の展望レース回顧エ女王杯の展望レース回顧で少しは感じとっていただけるかと。来年は牡馬相手でも好勝負必至です!
<次点>ダイワメジャー(この馬に天皇賞で◎を打てたことは自信になりました)メイショウサムソン(ダービーで◎を打てた(以下略))

☆MVJ
 柴田善臣
 オレハマッテルゼ(高松宮記念)、アサヒライジング(オークス、秋華賞、エ女王杯)、アドマイヤメイン(ダービー、有馬記念)と、この騎手が乗る馬を高く評価して予想してきました。例年なら、GⅠでこの名前を見ただけで“消し”だったのですが、今年は人が変わったかのように見えた1人。その割に、最終的に100勝に届かなかったことには不満もあるのですが、1年間楽しませてもらったので。
<次点>横山典弘(騎手芸人ぶりは相変わらず。そろそろダービーを勝たせてあげたい…)

☆ベストレース
 秋華賞
 外れのなかった3歳牝馬路線のGⅠ。特にこの秋華賞はペースも澱みなく、底力が問われたことで評価が上がります。強い馬が結果を出した点も強調できます。まさにガチンコ勝負でした。迫力を感じさせてくれたレースに一票!(結局は◎→▲→○→△で決まったからじゃないの?というコメントはなしで)
<次点>帝王賞(アジュディミツオーとカネヒキリの一騎打ちにはシビレました)

★最大の事件
 藤田伸二、暴行
 何やってんだよ…。



 ディープインパクトがいなくなり、ますます競馬人気(売り上げ、入場者数)の落ち込みが心配されるところですが、なんとか競馬ファンも踏ん張りたいところです。

 皆さん、よいお年を! 


↓↓ いつもありがとうございます。
 にほんブログ村 競馬ブログへ  人気blogランキングへ
スポンサーサイト



テーマ:競馬全般 - ジャンル:ギャンブル

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://guriguri410.blog42.fc2.com/tb.php/396-b706ea73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2006年を振り返って。

本年は大変お世話になりました。来年もまた宜しくお願い致します。

  • 2006/12/31(日) 23:32:53 |
  • 競馬予想ブログ 複勝馬券生活