FC2ブログ

競馬ふぁん

競馬が好きで、大好きで。

2006年最後の大一番!東京大賞典

29日大井10R 第52回東京大賞典(GⅠ)

 13頭と意外に頭数が揃わなかったのが残念ですが、“地方の雄”アジュディミツオーの3連覇がかかっており、場内は大いに盛り上がることでしょう。

 28日は終日重馬場。2日間晴れていましたが、やはり火曜日の大雨が影響しています。その割に時計は速くなかったように思います。配当面では荒れ模様でした。

 さて、アジュディミツオー。カネヒキリを名勝負の末、振り切った帝王賞。もちろん東京大賞典2連覇。実績は抜けています。ただ、今回は順調さを欠いています。帝王賞以来のローテーションがどう出るか。やはり万全とはいかないでしょう。それでも、捻じ伏せる強さを見せられるのかどうか。最後、バテる場面も想定しておいた方がいいかも…。

 ダートGⅠで②着9回。シーキングザダイヤはJCダートで一旦は前に出ながらも、アロンダイトに差し返される形でタイトルを逃しました。JBCクラシックを見ても、昨年と比べるとパフォーマンスがやや落ちているような気もします。それでも大崩れはないでしょうが…。

 生粋のスプリンターからオールマイティーへ。進化を遂げてきたブルーコンコルド。JCダートでも◎に期待しましたが、直線で前が壁になりまるで追えず。距離には問題はないとみています。JBCマイルで見せた爆発力は忘れられません。上位人気2頭に死角があるだけに、ここは最大のチャンスでは?

 上記3頭と他では差があるように思いますが、前述した馬場状態を踏まえると波乱も考慮しておいてもいいかも。

 ボンネビルレコードは初めての大井以外でのレースとなったJBCクラシックで最後の伸びが目立ちました。⑦着だった昨年とは馬が違ってきています。詰めの甘さはありますが、ここも気楽な待機策で一発があるかも。

 東海SとブリーダーズGC。2300㍍の重賞を制し、スタミナを誇示しているハードクリスタル。GⅠでは今ひとつパンチ不足の感もありますが、乱戦なら楽しみがあるかも。

◎⑫ブルーコンコルド
○⑬ボンネビルレコード
▲⑩ハードクリスタル
△⑨アジュディミツオー
△⑪シーキングザダイヤ
△③クールアイバー 

↓↓ いつもありがとうございます。
 にほんブログ村 競馬ブログへ  人気blogランキングへ
スポンサーサイト



テーマ:競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://guriguri410.blog42.fc2.com/tb.php/395-abf96c52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)