FC2ブログ

競馬ふぁん

競馬が好きで、大好きで。

有馬記念戦力分析

24日日曜中山9R 第51回グランプリ有馬記念(GⅠ)
 
 意外にディープインパクトの単勝オッズが売れていない印象があります。土曜前売り終了時点で1.4倍とは…。

①ポップロック
 
一時は詰めの甘さばかりが目についていましたが、ここに来ての充実急。ただ、目黒記念でアイポッパーとクビ差。前走も国際GⅠで②着とはいえ、53㌔でレベルも「?」。

②デルタブルース
 一昨年の菊花賞を制した時と同様、叩き合いで相手とぶつかると闘志を剥き出しにしたメルボルンC。しかし、前記ポップロックにも書きましたが、豪州長距離のレベルに疑問がある上、中山2500で器用に動けるかが微妙。生粋のステイヤーに出番があるのかどうか。

③ドリームパスポート
 常に馬券圏内にいるのは立派。巧く立ち回れて、一瞬のいい脚を引き出せる枠を引いたのも好材料です。この秋も常に全力を出しながら、今回もデキは上々。しかし、ネックは内田博幸騎手。年間勝利記録を更新。巧いのは分かっています。ただ、ここに来てJRAでは包囲網が出来つつあるように思います。実際、ここ2週は0勝。御神本騎手が2勝しているにも関わらず、です。集まる馬の質を考えても、何かがおかしい。内から出られるのか? 激しい4角での争いから一歩遅れを取るようだと…。

ディープインパクト
 ジャパンカップで失地挽回。東京2400㍍のスローペースでやれば、世界一と断言できます。しかし、「飛びましたね」というほどに飛んでいたでしょうか。実際に敗れた中山2500ではどうでしょうか。昨年の有馬は、明らかにデキ一歩。一年経って、ようやく武豊騎手も認める発言をしています。今年は昨年より状態がいいのは確か。昨年の状態で半馬身差なら、今年は…という理屈は、当然成り立ちます。 とはいえ、終いに余裕があまり感じられず、JC以上とは思えなかった追い切り。絶対に負けてはいけなかったJCが渾身の仕上げ、もう上積みは見込めないはず。何処か付け入る隙はあるのでは…と思えてしまいます。東京や京都と違い、コーナーは緩くない中山。果たしてロングスパートが利くのか。絶対能力の違いで、全ては克服されるのでしょうか。

ダイワメジャー
 「本当に距離に自信があるなら、JCに参戦していたのではないか」という勘繰りと、「すでにノド鳴りが出ていた04年ダービーでハイペースを追走して⑥着なら、距離は保つ」という考えと、相半ばしています。ディープを制するなら、まずは先行策。その点では、この馬は買いやすい。しかし、今回は積極策を示唆する陣営が多いのが気がかり。この秋は、外から自在に動く形が取れていますが、カーブの地点で外から被された時にどういう反応を示すのか。やはり勝負根性を出して、前へ出る姿勢を見せられるのでしょうか。

⑥スイープトウショウ
 ピークは昨年春だったと断言できるこの秋の競馬ぶり。イマイチ弾け方が物足りません。攻め馬はちゃんとできて何よりでしたが、初の中山への輸送、急坂と克服すべき課題が多いだけに、買える馬ではありません。

⑦コスモバルク
 スローの切れ比べでは話にならないだけに、アドマイヤメインの大逃げ宣言は好材料。美浦で調整できている点にも好感。JC時よりも強めの追い切りを消化して、だいぶ馬体も絞れてきているように見えます。リズムの悪かった昨年でもディープとはコンマ4秒差。ひょっとする可能性もある半面、JRAGⅠを勝ち切るイメージが浮かばない。渋太さだけでなく、少しでも切れを感じさせてくれればいいのですが…。

⑧メイショウサムソン
 使われ使われよくなるタイプだけに、秋4走目でも疲れはないかと思います。しかし、攻めの動きがどうにもよくならない。ダービー前の唸るような動きにどうしても近づけません。まだ太めが残っているのか、闘争心に欠けてきたのか。今回はJCのようなよそ行きの競馬ではなく、積極的に動く、春当時のレース運びを想定していますが、それでも最後まで渋太さを発揮できるデキにはないだけに…。

⑨トウショウナイト
 ようやく掴んだ重賞タイトル。早め早めに動いて後続を封じ、スタミナを誇示した競馬には好感が持てました。今回は中山だけに、その積極性に磨きがかかるでしょう。しかし、負かした相手がアイポッパー程度ではポップロックと余り変わらない程度では? デキのよさが窺える追い切りでしたが…。

⑩アドマイヤメイン
 香港からの中1週ですが、それまでの坂路追いから中山でのコース追いに変わったことがいい方に出る可能性もあります。ずいぶんと気迫のこもった稽古を消化しました。冷静沈着な柴田善臣騎手から大逃げ宣言が飛び出しましたが、理想のペースは青葉賞のラップではないかと思います。離し逃げから引き付けて、もう一度突き放す競馬ができれば、ひょっとする可能性もあります。2番手集団の格好の目標にされる可能性もあるわけですが。

⑪スウィフトカレント
 稽古はやけに素軽さを感じさせる内容。夏から使われていますが、デキは保てているよう。巧く立ち回れるタイプだけに、もう少し内枠が欲しかったところですが、昨年⑭番枠からいつの間にかインにいた横山典騎手ですから、そのあたりは抜かりないかと思います。結局、「またノリが②着かよ…」という言葉があちこちで聞かれるかも? 要は天皇賞②着時と同じ競馬ができるかどうかでしょうが、できてもさすがに頭は想定できない馬です。

⑫アドマイヤフジ
 「ディープ世代」の2番手グループで、何とか残った1頭。しかし、11か月ぶりでは常識的にはナシ。乗り込みは豊富で意外に動いた印象ですが、急仕上げ気味は明らか。よほど力が抜けているなら別ですが。器用に動けるタイプでもないだけに、中山も?

⑬ウインジェネラーレ
 さらっと流します。厳しいでしょう。

⑭トーセンシャナオー
 怖いとすれば、先週単勝万馬券を出した勝浦騎手の勢い。中山はセントライト記念勝ちがあり、向くコースではありますが、当時はかなりの凡戦。どことなく相手なりのようにも思いますが、ここでは…。


 




 



 こうして書いてみると一番いいことを書いているのが、アドマイヤメインだったりするのが、何とも言えないところです(苦笑)。 申し訳ありませんが、まだ印が定まりません。
 明日は、中山競馬場へ観戦に行きます。最後まで、きっちり見定めて、納得いく馬券を買いたいと思います。パソコンが使えない際には、携帯電話でUPしていますが、おそらく電波が通じないと思いますので、最終決断は出せないと思いますが…。
 今のところ、買いそうなのは「ノリちゃんの②着付け」(苦笑)

↓↓ いつもありがとうございます。
 にほんブログ村 競馬ブログへ  人気blogランキングへ


 

スポンサーサイト



テーマ:有馬記念 - ジャンル:ギャンブル

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://guriguri410.blog42.fc2.com/tb.php/392-a3c999a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)