競馬ふぁん

競馬が好きで、大好きで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだいるの?~フルーツラインC

5日日曜福島11R フルーツラインC

 裏開催の1000万短距離ダートとしては、かなりの好メンバー、時計レベルもなかなかだったのが、昨年のフルーツラインカップ。そこでハナ差②着だったのがケイアイカールトン。当時と同じ中舘騎手を配してきました。休む前は準オープンで凡走が続きましたが、クラスが降りてこの程度の組み合わせなら、いきなりでしょう。
 って、まだいるんですね、降級馬(←タイトル名はこういう意味で。決してケイアイカールトンがまだいるのかよ!?という意味ではありませんので)。安藤勝騎手が年間100勝を決めた、土曜京都10Rのエイシンデピュティも休み明けの降級戦でした。どんな季節でも見逃してはならない降級馬。

◎⑫ケイアイカールトン
○⑯スリーセブンスピン
▲④ケイエスアイ
△⑬ウエスタンウッズ
△③センスオブアート
△①アティーナラビット

――――――――――――――――――――

 我がPOG4位指名マイネルシーガルを筆頭に、2歳馬が好調な国枝厩舎。クーヴェルチュールが福島10R福島2歳Sに出走します。すずらん賞では迫力ある末脚を発揮したものの、無念の降着。とはいえ、内々で折り合ったあたり、進境は十分にありました。仕切り直しの一戦、あっさりまで考えておきたいところです。
 強敵は新馬勝ちから即、重賞参戦したアルラシート。当然相手は今回の方が楽、デイリー杯の回顧でも述べましたが、今回は要注意でしょう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://guriguri410.blog42.fc2.com/tb.php/299-a9926c38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。