競馬ふぁん

競馬が好きで、大好きで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こうなりゃ「町田祭り」だ~JBCクラシック

 昨日のJBCマイル。早めにまくって、4角では「セーフティーリードか?」と思わせる走りを見せたメイショウバトラー。それをあっという間に差し切って2馬身差をつけて快勝したブルーコンコルド。2頭の充実が光ったレースでした。それにしても強かったブルーコンコルド。来年のフェブラリーSもこれで確定?

 準メーン・ロジータ記念のチャームアスリープはまさかの②着。道中から何かリズムに乗れない走り。鞍上が仕掛けても頭を上げてしまったりで、気性の難しいところが出てしまいました。放牧とかが必要なのでしょうか。



3日川崎10R 第6回JBCクラシック(GⅠ)

 主役不在という言葉がしっくりくるようなメンバー構成になってしまいました。
 JRAの筆頭格シーキングザダイヤはGⅠでは常に詰めが甘い。今年の川崎記念もアジュディミツオーのハイペースを追走しつつ、遂には交わしきれなかったあたりは真骨頂でしょう。条件的には南部杯よりは好転していますが、断然人気ほどアテには?
 ハードクリスタルはオープン特別で負けて、重賞で勝つを繰り返しているここ4走。強い相手ほど能力を発揮ならば、GⅠこそ真価発揮の舞台。シーキングザダイヤで何度も②着を味わった横山典騎手がこの馬でシーキングザダイヤをを破れば、それは立派なドラマなのですが。早めに動ける脚質は魅力的です。
 タイムパラドックスはピークは明らかに過ぎた印象。ただ、南部杯は思ったよりも走った⑤着。しかもマイルで早めの競馬を出来た点を評価したいところです。距離延長は歓迎で無印は禁物かと。
 ダービーグランプリを制したマンオブパーサーは内田博騎手で人気になりますが、今年の3歳のレベルには正直疑問。勝ち時計も平凡と言い切っていいものです。レマーズガールはやはり牡馬相手では苦しいでしょう。

 地方勢で人気するのが地元川崎のビービートルネード。史上最年少で東京ダービーを制した町田直希騎手とともに中央勢に挑みます。マンオブパーサーの件で、今年の3歳のレベルに疑問を呈していますが、この馬だけは違うかもと何となく思ってきています。休み明けの戸塚記念で58㌔を背負っての圧勝が充実の証。うまく立ち回れる2番枠もいい。ひょっとしたらの思いはあります。
 他の地方勢では帝王賞⑤着があるボンネビルレコードくらいなものでしょうか。

◎②ビービートルネード
○④ハードクリスタル
▲⑬タイムパラドックス
△①シーキングザダイヤ
△⑫ボンネビルレコード

 正直、自信なし…



 昨日に続いて、一日2重賞のJBCデー。9R第6回ローレル賞(G3)は2歳牝馬の重賞。メンバー見ても何も分からないところなのですが…JBCのビービートルネードと同じ、町田直騎手=武井栄厩舎のビーイーレイラは道営からの転入初戦。意外になんとかなりませんかね。


↓↓ クリックお願いします。
 にほんブログ村 競馬ブログへ  人気blogランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:南関東公営競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

コメント

ケータイひとつで、誰でも無料でオンラインゲーム『BRE∀KEЯ』ができるよ!
詳しくはサイトで紹介しています
来てねーー(。-ω-)ノ
http://pksp.jp/star-breaker/

  • 2006/11/03(金) 14:43:51 |
  • URL |
  • けい #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://guriguri410.blog42.fc2.com/tb.php/294-ef9e319d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。