競馬ふぁん

競馬が好きで、大好きで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皐月賞!

 金曜日発売があった皐月賞。意外にもフサイチジャンクが単勝1番人気になってます。アドマイヤムーンが抜けるのかと思ってましたが…。まぁ総売り上げの何㌫を占めるか、微妙な前々日発売ですから、まだ変わってくるでしょうね。

 日曜中山11R皐月賞(GⅠ)
 3億3000万円という価格、テレビとのコラボなど、話題に事欠かないフサイチジャンク。新馬を勝ったときはたいしたことないかな、と思っていましたが、一戦毎に内容がよくなってます。若葉Sもこれまでにない力強さと切れ味。デビューから4戦、一貫して2000㍍を使っているのも強み。若葉Sから無敗でとなるとトウカイテイオーを思い出します。フサイチジャンクも馬体から受けるオーラはなかなかのもの。当然有力視です。問題はテン乗りですが、岩田騎手を確保できたのは大きい。
 武豊が選んだ形になったアドマイヤムーン。負けたラジオたんぱ杯2歳Sもハナ差ですから、ほぼ無敗といっても過言ではない。ただ抜け出してからソラを使うようで、追い出すタイミングひとつで届かないかもという懸念はあります。鞍上が鞍上だけに心配はないかもと思いつつ、これまでにない多頭数での競馬だけにひょっとすると脚を余す可能性も?
 アドマイヤをラジオたんぱ杯でハナ差負かしたサクラメガワンダー。弥生賞が案外な④着でしたが、直線でのキレ比べで劣るあたりがいかにもグラスワンダーらしさといってもいいのでは。逆に考えると、多少なりともペースが上がれば、父親譲りの中山巧者の遺伝子が爆発するかもの期待はアリアリ。アンカツがこちらを選ばなかったのは、おそらく将来性を考えてのこと。現在の完成度では上でしょう。乗り替わりといっても内田博幸騎手ですから。弥生賞で人気を裏切り→皐月賞で連対圏突入というキングヘイローと同じ歩みをみせてくれそう…
 フサイチリシャールはスプリングSでタメる競馬を試して②着。追って味あるタイプではないことがはっきりしたでしょう。2番手からの競馬だった共同通信杯でも切れ味でアドマイヤムーンに屈しただけに、今回は前々で進めることは確かでしょう。しかも最内枠。目標にされても勝つためには肉を切らせて骨を断つ競馬しかないでしょう。
 そのフサイチリシャールを負かしたメイショウサムソンは⑤着以下がない安定株。スプリングSも一旦並ばれてから差し返す根性を発揮。混戦で侮れないタイプでしょう。
 アンカツが選んだキャプテンベガ。乗った武豊もアンカツも乗り味を絶賛している。まだ華奢な体、これからの馬ではあるでしょうが、攻め馬を見る限り、デビュー以来一番のデキでは。超良血馬が花開くかも?先週がアドマイヤベガ産駒の桜花賞制覇、今週はアドマイヤベガの弟が…という場面もありかも。

 いわゆる有力どころについて述べましたが…

 ◎12サクラメガワンダー
 ○6 フサイチジャンク
 ▲14スーパーホーネット
 △4 キャプテンベガ
 △15アドマイヤムーン
 △5 メイショウサムソン

 ステキシンスケクンがマイラーのスピードで引っ張り、ニシノアンサー、フサイチリシャールも前付け。おのずと差す組が優勢になるのでは。
 ペースが上がって、中山の急坂が舞台の差し脚比べならサクラメガワンダーが浮上しないわけがない。大穴に弥生賞は直線で大きな不利があったスーパーホーネット。なんだかんだで朝日杯でも②着している実力馬。差しに回った四位騎手が怖いのは昨年のシックスセンスで証明されている。
 
 ↓↓ クリックお願いします。
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ:中央競馬 - ジャンル:ギャンブル

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://guriguri410.blog42.fc2.com/tb.php/27-d0a8106b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。