FC2ブログ

競馬ふぁん

競馬が好きで、大好きで。

完成度の高さで~土曜日の予想

京都11R デイリー杯2歳S(GⅡ)
 2歳戦となると、どうしてもクラシックディスタンスを意識して見てしまいますが、デイリー杯のこれまでの勝ち馬を見ていると、シーキングザパールやレジェンドハンターにメイショウボーラーなど、短距離~マイルに適性を持つ馬の名前が挙がります。去年のマルカシェンクにしてもダービー④着に先週の毎日王冠でも④着と距離に幅を利かせていますが、レースセンスの高さや完成度で圧倒していたとみるのが正解ではないかと。

 となると、今年のメンバーでは人気でもオースミダイドウとなってしまいます。これまでにもこここここことすでに3回も名前を挙げていますが、決してクラシック最有力候補として取り上げているわけではありません。今回もあくまでデビュー2走のセンスの良さ、完成度の高さを考えての◎です。母の父ストームキャットからも「クラシックを意識させる」器では決してなく、ここを勝ったから来年も…とはならないとみています。この時期に距離短縮させること自体が皐月賞・ダービーへは「?」です。ただ、この馬は前記の中ではマルカシェンクタイプかもしれないとは思えてもきますが。

 ○もローレルゲレイロで。函館3戦の内容は高く評価できます。母の父テンビーは2000年の勝ち馬フジノテンビーの父ですから、この舞台に対する適性も十分でしょう。1400では短くマイルがベストというレースぶりを続けているマルカハンニバルが▲、何故か気になるクールスーペリアに△。他は…あまりそそられません。

◎④オースミダイドウ
○⑤ローレルゲレイロ
▲③マルカハンニバル
△⑥クールスーペリア


京都10R エニフS
 ジョイフルハートが人気するでしょうが、そのあふれるスピードは1200でこそ。1ハロンで甘くなる可能性があるのと、陣営も懸念するように58㌔がやや不安。武豊騎手の単騎逃げだけに、残る可能性もありますが、大バテもありえるとなれば、あえて◎にする必要もないかも。まさに▲がふさわしいとみます。

 変わって◎はサカラート。その武騎手の単騎逃げでバテたのがエルムSですが、勝ったヒシアトラスにピッタリとマークされて苦しくなりました。58㌔はジョイフルハートと同斤量ですが、すでにアンタレスSで③着した実績がありますし、かしわ記念でも③着ですから、このメンバーでは最上位の実績です。昨年はJCダートにも出走したくらいで、1400も久々ですが、本質的にはこのくらいの距離が合うようにも思います。

 ジャパンダートダービー勝ちがあっても、最近は1700でも苦しくなるカフェオリンポスにとって今は1400あたりがベストでしょう。ここは人気落ちて妙味も十分です。

 ドンクールはサカラートに常に先着を許していますが、それでも差はそれほどありませんし、こちらも前走の1700より今回の1400に適性を見出せます。

◎⑨サカラート
○⑭カフェオリンポス
▲⑦ジョイフルハート
△⑧ドンクール
△④ミリオンベル
△⑥タイキエニグマ
△⑤ディープエアー


東京11R 神無月S
 昇級組が16頭中7頭と、準オープンとしては必ずしも高いレベルではありません。それなら今回と同じ東京ダ1400のオープン特別差のない競馬をしていたオフィサーで間違いないかと。前付けしたい馬もかなりいますから、追い込み脚質でも展開に不安を感じません。
 相手には7歳にして差しを覚えて一変したシベリアンメドウ(ローエングリンみたいですね)が妙味。昇級組では相手なりにはしるセトノシェーバーを最上位に。

◎⑨オフィサー
○⑤シベリアンメドウ
▲⑩セトノシェーバー
△①フジマサミラクル
△⑫ピサノヘネシー
△⑮ダイワインディアナ





↓↓ クリックお願いします。
 にほんブログ村 競馬ブログへ  人気blogランキングへ
スポンサーサイト



テーマ:競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://guriguri410.blog42.fc2.com/tb.php/263-3bb3e17d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)