FC2ブログ

競馬ふぁん

競馬が好きで、大好きで。

あくまでキャリアの差…札幌2歳S回顧

土曜札幌11R 第41回札幌2歳S(GⅢ)
1△⑧ナムラマース
2▲④アドマイヤヘッド
3△⑨イクスキューズ
4…⑦フサイチオフトラ
9◎③ニシノプライド
10○①スイングロウ

 ナムラマースが一気の3連勝で、4か月に及ぶ北海道2歳戦の頂点に立ちました。未勝利脱出に4戦を要したものの、距離を延ばして一変。コスモス賞では圧倒的なレコード勝ちでしたから、今回の1番人気も当然のところでした。しかし、今回はここ2走と違って道中から苦しい競馬。4角では絶望的な位置から直線で前を行く3頭を捉えた末脚には迫力もありましたし、勝負強さも感じました。と同時に、今回はキャリアの強みを生かしたともいえます。
 今回で7走目。叩き上げのイメージから、早くも今年の2冠馬メイショウサムソンとイメージをダブらせる向きもあるようです。しかし、メイショウサムソンは2歳9月の段階ではまだ4走しかしていません。徐々に徐々に力を付け、春に一気に花を咲かせたわけですから、走るたびに強くなるという点では一致しても、その過程は異なります。今後は来春に備えて休養に入るというナムラマースですが、ジャングルポケット(札幌2歳Sレコ勝ち→ダービー制覇)が圧倒的に強さを見せつけたことと比較しても押しが弱いですから、来春に明るい視界が開けているとは言いがたいところです。
 キャリア1戦のアドマイヤヘッドは距離延長も苦にせず、内々で折り合いピタリ。競馬センスの高さを見せました。アドマイヤコジーン産駒だけにこれ以上距離が延びるのはよくないと思いますが、見通しは明るいでしょう。
 見直したいのはイクスキューズ。1800→1500と距離を短くしての参戦だけに、ボストンハーバーが出てしまうとと懸念していました。実際、2角手前で先頭に立ってしまったあたりは「これでは…」と思っていましたが、ハナに立って折り合ったのか、直線でも二の脚を使う強い③着です。ナムラマースにメイショウサムソンはダブらなくても、イクスキューズにテイエムオーシャンはイメージをダブらせてもいいかもしれません。
 追い比べで屈したフサイチオフトラですが、藤田騎手はその内容を大絶賛。勝負どころでの反応がイマイチだったり、まだまだ若さが残るだけに伸びシロは大きそうです。
 ◎に期待したニシノプライドは当たりの柔らかい四位騎手から堅めの五十嵐冬騎手への急遽の手替わりは少なからず響いたように思います。スイングロウはスタートで安めを打って、4角でも不利。全く競馬をしていません。

 レベルの高い札幌の2歳戦の1800㍍重賞だけに、どうしても注目度が高くなる当レースですが、今年の出走馬から来年の牡馬クラシックホースは…出ないと、現状では言っておきたいと思います。

↓↓ クリックお願いします。
 にほんブログ村 競馬ブログへ  人気blogランキングへ
スポンサーサイト



テーマ:POG - ジャンル:ギャンブル

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://guriguri410.blog42.fc2.com/tb.php/241-58ee0b1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)