競馬ふぁん

競馬が好きで、大好きで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トライアル並みの調教…これで勝てる!かも

 もう誰もがご存知と思いますが、ディープインパクトが凱旋門賞へ向け、決戦の地ロンシャン競馬場でスクーリングを行いました。
 JRAホームページの「今日のディープインパクト」から、武豊騎手が跨った調教とインタビューの映像を見ることができました。やはり芝は日本より深いというのが第一印象でした。ディープのフットワークは武騎手が「飛んでいる」と表現した日本の馬場でのフットワークとは違っていたように見えました。ロンシャンの馬場にディープ自らが合わせたとしたら、これはもう“天才”というしかありません。これまでと異なるフォームでも7F72秒台、ラスト1Fも12秒台と実戦並みの時計をマーク。池江調教師が話していたように、トライアル的な調教ができたといっていいでしょう。武騎手がゴーサインを出したら、瞬時に反応し加速していました。最後の直線の前のフォルスストレートでも行きたがることなく走っていました。一度ロンシャンの馬場の感触を覚えたら、いよいよディープインパクトが世界に衝撃を与える瞬間が…。


↓↓ クリックお願いします。
 にほんブログ村 競馬ブログへ  人気blogランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:競馬全般 - ジャンル:ギャンブル

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://guriguri410.blog42.fc2.com/tb.php/206-48e67efb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。