競馬ふぁん

競馬が好きで、大好きで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3重賞まとめて回顧

第57回朝日チャレンジC(GⅢ)
 スウェイン×カーリアンならベストは2400?と思っていたトリリオンカットが差し切り勝ち。厳しい流れを早めに動いたことで血の底力が引き出されたのかもしれません。今後はスローで軽視、厳しいペースで要注意というところでしょうか。
 コンゴウリキシオーは楽逃げできるかと思っていましたが、2角でやっとハナに。しかも3角からタイガーカフェに早めに来られる厳しい展開。さすがに最後の叩き合いでツケが来た②着でしたが、1分57秒4の時計を引き出したのはこの馬自身ですから、負けて強しの内容です。
 ケイアイガードが差しに回っての③着には驚きですが、池添騎手の型に嵌ったのかも。本来の策に戻って詰めの甘さが解消されるかは疑問です。スズカフェニックスの最後方待機は武豊騎手がどうやら距離を不安視してのもの。まだ準オープンの身ですし、将来的に重賞級という評価に変わりはありません。

第51回京成杯オータムH(GⅢ)
 逃げるのは間違いないと思われていたストーミーカフェの行き脚がつかず、ステキシンスケクンが逃げる展開。前半1000㍍56秒7は馬場が良いにしてもハイペース、それでも「この馬のペース。むしろゆっくりといえるかも」(後藤騎手)というくらいなのだから、潜在的なスピード能力は相当なもの。それがスプリント戦で必ずしも通用しないところが競馬の難しいところですが(ゼンノエルシドやブレイクタイムがそんなタイプといえるでしょうか)。ステキシンスケクンの場合は、要は自分のペースで走れるかどうかだけ。マイルGⅠで通用する素質はあっても、少しでもリズムを崩すとあっさり凡走もありえるでしょう。
 ②着カンファーベストは前を深追いせず、直線は開幕週を考えて中を割る競馬。7歳にしてマイルがベストと判明するなんて…。これがノーザンテースト(父の父)の成せる業?
 終始番手マークのマイネルスケルツィは自分の力は出した結果でしょう。1番人気を裏切ったインセンティブガイは折り合いがつくまでに一苦労。気分屋の悪い面が出た惨敗でした。一概に今回だけでは見限れません。

第20回セントウルS(GⅡ)
 直前とレース中の大雨で時計は1分8秒6とかかりました。
 マイナス10㌔の馬体重に不安を感じたシーイズトウショウでしたが、そんなのはお構いなしとばかりの、あまりに鮮やかな、そして強い競馬でした。やはりコースの適不適というはあるのですね。この勝利でサマースプリントシリーズ初代チャンピオンとなりましたが、ここが渾身の仕上げだったことによる反動、中山への輸送…スプリンターズSは軽視します。
 グローバル・スプリント・チャレンジで首位を走るテイクオーバーターゲットはいかにもスプリンターというがっちりとした体型。この馬も勝ちパターンでしたが、シーイズの中京適性にしてやられました。来日初戦での好内容ですから、叩かれたスプリンターズSではもっと人気するでしょうが、これまでの海外からの遠征組で日本に滞在して続けて好走して例が思い浮かばないのですが…。
 ネイティヴハートがさすがの追い込み。8歳馬ながらも衰えを感じさせない内容。今年はすべてJRAに出走して①⑤④②③着。これだけの成績を残していながらもスプリンターズSに出走できないという制度はやはりおかしいです。
 ◎に期待したメイショウボーラーはスタートから行けず中団。持ち味が全く出ませんでした。
 スプリンターズSの特注馬はマルカキセキ。道中は殿追走、直線でインを突いた伸びは目を引きました。②着とは1/2+1/2+ハナ。昨年のスプリンターズSで④着、復調なれば一気に浮上も十分です。

↓↓ クリックお願いします。
 にほんブログ村 競馬ブログへ  人気blogランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://guriguri410.blog42.fc2.com/tb.php/203-ad333f75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。