FC2ブログ

競馬ふぁん

競馬が好きで、大好きで。

凱旋門賞まであと4週間…

 油断禁物!凱旋門賞ではフォワ賞(9月10日、GⅠ、4歳上、せん馬不可、ロンシャン、芝2400㍍)に出走すると書いたハリケーンランですが、9日に行われる愛チャンピオンS(GⅠ、レパーズタウン、芝2000㍍)に回る可能性が高いとのこと。ここには日本の競馬ファンにも馴染みのあるウィジャボードが出走予定です。ハリケーンランと同厩のシロッコは油断禁物!凱旋門賞に書いた通りにフォワ賞に出走。やはり同厩の本番前のぶつかり合いは避けたようです。いずれにせよ、どちらも凱旋門賞へ理想的と思われる間隔をとっての出走となります。
 また、フォワ賞と同日同場所同距離では他にヴェルメイユ賞(GⅠ、3歳上牝)、ニエル賞(GⅡ、3歳、せん馬不可)が行われます。
 ヴェルメイユ賞に出走予定のプライドは、今年のサンクルー大賞典でハリケーンランを破った星が光ります。昨年のフォワ賞では、後にJCで驚異の2分22秒1をたたき出したアルカセットを下しており、その実績は侮れません。
 今年の欧州3歳馬路線はレベルが低いと呼ばれていますが、元々斤量差もあり、3歳馬が強い凱旋門賞。その最重要前哨戦となっているのがニエル賞で、過去10年で8頭が当レースをステップとしているだけに全く無視するわけにもいかないでしょう。

 日本競馬ファンの期待を背負うディープインパクト。その評価はここにきて上昇。一部ブックメーカーではシロッコと並んで4.5倍の2番人気にまでなっているようです。渡仏後、とにかく順調な調整ぶりが伝えられているディープインパクト。ダートコース、ファイバーサンドコース、芝コース。その日の馬場状態を考慮して大事に大事に、そして丹念に調教が続けられているようです。
 ついにはJRAによるテレビCFも完成しました。
「それはサラブレッドたちのワールドカップ」
「本当の世界一は誰だ」
「凱旋門に衝撃が走る」
「世界のディープを見逃すな」
 ここぞとばかりに強気なフレーズが並びました。これを見た一般のファンが、もしディープが負けるところを見てしまったら、「競馬なんて」と思われないか?? と不安になってしまいましたが、「負けるところを…」なんて思うところが弱気でダメですね。とにかくこれだけの馬が凱旋門賞に出走する(あえて“挑戦”とはいいません)ことが日本の誇り。そして10月1日、夢を見たいものです。









↓↓ クリックお願いします。
 にほんブログ村 競馬ブログへ  人気blogランキングへ
スポンサーサイト



テーマ:競馬全般 - ジャンル:ギャンブル

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://guriguri410.blog42.fc2.com/tb.php/186-71433375
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)