競馬ふぁん

競馬が好きで、大好きで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウオッカとダブって見えてしまい…

 明日は秋のGⅠ第2弾、第14回秋華賞。もちろん、最大の注目点は、ブエナビスタが史上3頭目の“牝馬3冠”を成し遂げるかどうか。

 桜花賞、オークスともに着差以上の強さを感じさせての2冠。ただ、阪神外回り、東京といずれも“大箱”といえるコースでした。京都内回りという舞台設定が向くとはどうしても思えないのです。凱旋門賞(回避)の壮行レースとして出走した札幌記念。終いは確かに伸びていましたが、全体の時計は平凡でしたし、それ以上に“目一杯のギア”を踏めないままゴールを迎えたのが気がかりです。抜群の瞬発力を見せているように思わせて、それは直線が長いコースでの話。2枠3番という内目の枠なら、いったん下げて外を回る競馬が想定できるだけに、再び届かず…というシーンはありえます。
 人気を背負いながらも外を回って差し届かず。一昨年のウオッカが思い浮かびます。

 その一昨年、4角先頭から早めに抜け出したのはダイワスカーレット。さすがにその再現は望めなくても、好位からロスなく乗られて②着に食い下がったレインダンスの役回りを果たせる馬はいるのではないか。クーデグレイスに期待します。

 クーデグレイスはレインダンスと同じく、ローズS③着から参戦。そのローズSは道中で12秒台のラップがなく、阪神外回りながらも緩むところがありませんでした。それがレコード決着を誘発したわけですが、そんな流れを2番手追走からいったんは先頭に立って食い下がったのが、クーデグレイスでした。見方によっては、一番強い競馬をしていたともいえます。
 前走時のマイナス14㌔が懸念されましたが、早めに栗東に入厩して、調教後馬体重は468㌔。維持できています。
 ローズSに続いて川田騎手の騎乗ですが、前走の早め抜け出しが、昨年の皐月賞でのロングスパートからの逃げ切り(キャプテントゥーレ)を想起させます。

 春はブエナビスタの前に苦杯をなめたレッドディザイアですが、ひと叩きでの上積みは歴然。1週前にCWで6ハロン81秒9-1ハロン11秒6と好時計をマークすれば、最終追いは坂路で50秒2-12秒6。最後の1冠へ万全の仕上げを施してきました。オークスで馬群を縫って伸びており、3枠5番もいい枠に入ったといえます。

 ローズSでは後方から早めに動いて見せ場を作ったミクロコスモスは、前々走の競馬ぶりと合わせてみると、長い直線よりも小回りでの捲る競馬が向くよう。コース替わりでの反発があっても。

 デビューが遅れた上、春は使い込めなかったモルガナイトが、夏に復帰してからは順調なローテーション。小脚の使えそうなフットワークは小回りへの対応を思わせますし、今の充実ぶりは侮れません。

 トライアルをレコードで快勝したブロードストリート。春は忘れな草賞で敗れたため、スイートピーSを使わざるをえない誤算がありました。この秋は狙ったローテーションだけに、オークス④着からの上積みがあって当然。

 ◎クーデグレイス
 ○レッドディザイア
 ▲ブエナビスタ
 △1ミクロコスモス
 △2モルガナイト
 △3ブロードストリート

 馬券は(10)から印各馬(5)(3)(4)(16)(12)への馬連流し(5点)と3連複軸1頭流し(10点)を考えています。

にほんブログ村 競馬ブログへ
スポンサーサイト

テーマ:競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://guriguri410.blog42.fc2.com/tb.php/1377-52ea9292
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。