競馬ふぁん

競馬が好きで、大好きで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先週の結果と回顧(7/18、19)

7月18日(土)
札幌3R 3歳未勝利(牝) ダート1700㍍
1△2(3)ミスアンコール
2△1(4)ユキノクイーン
3◎(7)マスターコーク
4…(5)カラフルパレット
5▲(13)エレガントマナー
6△3(2)スナークキャロル
9○(8)オンフルール

 <買い目>外れ

 <回顧>
 牝馬限定としてはまずまずのメンバー構成。勝ち時計1分46秒8は水準級。

 ミスアンコール
 2人引きで気合充実。好スタートを決め、外をうかがいながらハナへ。道中、13秒1-13秒0とペースを落として、ラスト4ハロンを12秒5~7に纏めました。直線入口で突き放したところで勝負あり。前走の時計を1秒7も短縮しました。1日5勝と絶好調だった三浦騎手のリズムも手伝ったでしょうか。

 ユキノクイーン
 滞在効果を感じさせるパドック。スッと好位のインに収まりました。直線も④着馬の内があいていたこともあって、全くロスのない競馬ができました。ゴール前は勝ち馬に迫ったものの、一歩及ばず。これでダートは<0、4、3、0>。全く崩れません。

 マスターコーク
 プラス10㌔でも好仕上がり。好位の外目を追走。ペースが上がったところでも余裕の追走でしたが、4角でスッと動けなかったことが、結果的には痛かったように見えます。アクセルを踏むのが遅れてしまいました。最後は流した印象も、終いは目立つ脚を使っています。やはり砂向きですし、今の未勝利なら素質は上位です。

 カラフルパレット
 プラス12㌔は成長分。スンナリと2番手につけることができました。展開を考えれば、ワンパンチ足りないといえますが、休養明けをおもえばまずまずでしょうか。先行できる強みがあるのは確かです。

 エレガントマナー
 2か月半ぶりでマイナス4㌔。これ以上は減ってほしくない馬体に見えました。テンションも高め。1角では後方2番手でしたが、向こう正面からジワジワと進出。勝負どころで外を回って追い上げを図り、直線もジワジワと脚を使っていました。休養明け+初ダートということもあって、大事に乗られた印象もあり、順調に使えれば次走要注目とみます。

 スナークキャロル
 最後方からの競馬。4角~直線は大外から一応の脚は使っています。前走が1分47秒8で、今回が47秒9。上がり3ハロンは前走も今回も37秒8。自身の能力は出しています。相手関係ひとつ。

 オンフルール
 軽く押していきましたが、内を見てハナを諦めたのか、早々に流れに乗る位置に。実際、ペースを考えれば位置取りとしては悪くなかったと思いますが、3角過ぎから鞍上の手が激しく動きました。モマれたというわけでもなかったのですが、今回の結果を見ると、逃げてこそということなのでしょう。



 【新馬戦1鞍】
新潟5R 2歳新馬 芝1400㍍
1△3(18)サンデージョウ
2○(11)シーズバレンタイン
3△4(14)ブレイクチャンス
4△2(10)オメガブルーライン
5△1(9)スコアズビー
6…(1)デートマスター
7◎(3)オルレアンノオトメ
8▲(6)ゴールドジャパン

 <買い目>外れ

 <回顧>
 前後半3ハロンで1秒9も前傾という、新馬戦としては厳しい流れになりました。勝ち時計1分23秒4は水準級でしょうが、勝ち馬のレースぶりは光りました。

 サンデージョウ
 大きく見せていました。他馬よりも1馬身程速いスタート。そこからのダッシュはひと息でしたが、やや押し気味に好位の外目を追走。早めに先頭に並びかけていき、追われてからの反応もしっかり。抜け出して、ラスト50㍍ぐらいは抑える余裕も。着差以上の完勝でした。距離にも融通が利きそうです。

 シーズバレンタイン
 全体に余裕残し。やや頭を上げ加減の追走が4角まで続きました。それでも手応えは良く、抜け出しかけましたが、勝ち馬の脚色が一枚上。あっという間に突き放されましたが、それでも後続は封じての②着確保。内容は十分でした。

 ブレイクチャンス
 気合上々で仕上がっていました。スタート直後は先頭に並ぶ勢いでしたが、何とか宥めて好位に抑えての追走。そう差のないところにいた勝ち馬には反応の差で置かれてしまい、差を詰めるも③着まで。上位2頭とは差がある印象を受けました。

 オメガブルーライン
 いかにも仕上がり早の印象。中団後ろで折り合いをつけていた分、タメが利いたようで、直線は中からよく伸びていました。状態面での上積みは?でも、センスは感じさせる走りでした。

 スコアズビー
 まだトモが薄い。好位の内で流れに乗っていました。直線では周りに馬がいたことが影響したのか、やや置かれ気味になりましたが、終いは盛り返すように脚を使いました。全体に力がつけば。

 デートマスター
 ボリューム感はありますが、まだ絞れそうな馬体。内からスッとハナを奪いましたが、終始⑧着馬に外から絡まれ通し。その外にも②着馬がいましたから、ペースもさることながら、かなり厳しい展開になってしまいました。さらに直線に向いたところで、⑧着馬に寄られる不利も。それでも大バテしていませんし、スピード十分なところは見せています。

 オルレアンノオトメ
 好仕上がり。後方で少し気合をつけながらの追走。4角で前が凝縮したような馬群になったところでも、まだ後方。直線はバラけたところを突いて、よく伸びています。特にラスト100㍍の脚は目立っていました。レース慣れを見込めば、次走での上積みがありそうです。

 ゴールドジャパン
 好仕上がり。押して前に行き、⑥着馬の外に併走。直線に向いて、いったん抜け出しそうになりますが、外に逃げ気味の走りになってしまいました。態勢を立て直すも、時既に遅し。気性の難しさが出てしまいました。



7月19日(日)

 【新馬戦1鞍】

新潟6R 2歳新馬 芝1600㍍
1…(13)ブランビーブラック
2…(8)アブラハムダービー
3△1(2)タイセイワイルド
4△2(15)マイネルゴルト
5◎(11)トーセンカルツェ
8△3(6)キラウエア
9▲(9)メジロビューレン
12○(14)マックスストレイン
13△4(4)エーシンハダル

 <買い目>外れ

 <回顧>
 実況で「嵐」という表現がされたように、風雨ともに強く、デビュー戦としては酷な条件でのレースとなってしまいました。ただ、上位には素質馬が来た印象です。

 ブランビーブラック
 仕上がり良好。好位後ろの外目を追走。抜群の手応えで先頭に並び、追い出してからの反応も手応え通りのもの。真っ直ぐに駆けて抜け出し、2馬身半差の完勝。1月14日の早生まれ、完成度の差もあるのかもしれませんが、馬場を全く気にするところがありませんでした。

 アブラハムダービー
 542㌔の大型馬。腹回りにかなりの余裕がありました。後方からの競馬となり、4角手前で鞍上の手が動きましたが、大外に持ち出すとしっかりとした末脚を繰り出しました。長い直線を目一杯使って、持久力は十分。絞れれば動きも変わるでしょうし、今後注目。

 タイセイワイルド
 スッキリとした造りではありませんが、仕上がりは上々。スッと好位のインを取り、直線で抜け出しかけますが、勝ち馬とは手応えが違いすぎました。この馬自身も伸びてはいますが、結局外からも交わされて③着まで。血統通りというべきか、終いにもうひとつ切れがあれば。

 マイネルゴルト
 仕上がり上々。中団外目を追走。外に回して追い出してからの伸びはしっかりとしたものでしたが、右ムチでうちに切れ込み、⑨着馬の進路をモロにカットし、ゴール前でも⑤着馬の前に進路を塞いでしまいました。このあたりは、この日の風や馬場の影響があるのかもしれませんが、それだけでもなさそうに思えます。

 トーセンカルツェ
 推進力ある周回で目立つ気配。勝ち馬を見るような位置からの競馬。直線で外に持ち出して追い出すと、内外に寄れた走り。立て直して脚を伸ばしましたが、前を捕らえるような勢いはありませんでした。ゴール前では④着馬に外から寄られる不利も受けていますが、大勢に影響はありませんでした。

 キラウエア
 仕上がりまずまず。道中は後方で、この鞍上の新馬戦らしく、直線まで動かず。その直線はゴチャついた外に回さず、あいたスペースを突いたため、不利を受けることなく差を詰めていました。一応の脚を使ってはいますが、見せ場とは?

 メジロビューレン
 仕上がり上々。ややアオる感じのスタートになり、後方から。直線で外に出して、これからというところで④着馬に前を塞がれ、致命的な不利を受けました。さらに内から⑫着馬に張られるような感じになり、最後は流していました。全く力を出せないまま終わってしまいました。

 マックスストレイン
 仕上がってはいたものの、落ち着きを欠いた周回。やや出負けもスピードに乗ってからは好位の後ろに取り付きました。しかし、直線ではそれまでの手応えほどの反応がなく、ゴチャついたこともあり、伸びを欠きました。

 エーシンハダル
 仕上がりはまずまず。押して押して2番手へ。前半に脚を使ったこと、前後半3ハロンで1秒8の差があるような前傾ラップということもあってか、早々に一杯になってしまいました。マイルでも長いということでしょう。



予想通算成績(計58レース)
◎<6、8、4、40>
○<11、11、4、32>
▲<6、8、7、36>取消1
△1<9、9、11、28>
△2<4、4、5、41>除外1
△3<4、3、8、29>
△4<0、3、2、23>
△5<1、0、0、1>
回収率 61.99%(先週の回収率 0%)

※うち【新馬戦1鞍】の成績(計9レース)
◎<0、2、0、7>
○<3、2、0、4>
▲<1、0、1、7>
△1<2、1、3、3>
△2<0、1、2、6>
△3<1、0、1、6>
△4<0、0、2、3>
回収率 51.57%(先週の回収率 0%)

にほんブログ村 競馬ブログへ
スポンサーサイト

テーマ:競馬【各種分析】 - ジャンル:ギャンブル

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://guriguri410.blog42.fc2.com/tb.php/1366-6bdf1b07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。