競馬ふぁん

競馬が好きで、大好きで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先週の結果と回顧(6/20、21)

6月20日(土)
福島3R 3歳未勝利(牝) ダート1700㍍
1△1(6)トワインブルーム
2△3(1)ジュウモンジ
3○(13)ユキノクイーン
4…(2)ニシノロイポス
5△2(12)キストゥクラウン
7◎(8)ケイズパステル
9▲(5)エアダーミ
14△4(9)マルターズクリス

 <買い目>外れ

 <回顧>
 前半の100~300~500㍍が11秒3-11秒5と先行争いが厳しくなり、ラストは13秒1-13秒7とかかりました。

 トワインブルーム
 落ち着いた周回。今回はスタートも普通に出ましたが、後方を決め込みました。やけに手応えに余裕がある追走。バラけたところで外に持ち出すも、まだ後方。直線に向いてからは1頭だけ違う脚色。最後は抑える余裕すらありました。展開も味方して、持ち味が存分に出されました。勝ち時計1分47秒6は、同日の500万下(牝)よりも1秒劣るだけに、昇級して即とは?

 ジュウモンジ
 チークピーシーズ着用。最内枠でモマれるのを嫌ったか、押して押してハナを奪いに行きました。1角までに行ききって、途中13秒2までラップを落として、再度ペースアップ。ここで後続がバラけて、逃げ残りのパターン。勝ち馬の決め手には屈したものの、脚力は示す内容。

 ユキノクイーン
 おそらく考えていたよりも後ろからの競馬に。向こう正面から一気に動いていき、終始外を回りながらも、いったんは先頭に立とうかという場面を作りました。さすがに最後は一杯になったものの、牝馬限定ならやはり力は上位。脚の使いどころひとつでしょう。

 ニシノロイポス
 道中は中団の内。徐々に外に持ち出し、4角では大外。勝ち馬にはアッサリと離されたものの、自身もジワジワと差を詰めていきました。距離延長でも折り合いはついていましたし、新味が出ました。ゴールを過ぎても、まだ勢いがありました。

 キストゥクラウン
 好位後ろの外目を追走。早めに動き出しに入りますが、③着馬のマクリには付いていけず。そこからはジリジリ。決め手比べでは劣る印象で、やはり先行してこそでしょう。

 ケイズパステル
 シャドーロール着用。中団の外で折り合いました。前走の競馬からはこの位置でも良いかと思えましたが、動き出してからの反応がひと息で、直線もジリジリとしか脚を使えませんでした。案外な内容。

 エアダーミ
 シャドーロール着用。スタートはやや遅め。中団を追走して、折り合いは前走よりもスムーズ。ただ、⑦着馬と一緒に追い上げに入るも、そう脚は使えず。ダート云々ではなく、短い距離でもっとタメ込む競馬を試してみたいところ。

 マルターズクリス
 プラス14㌔でもスッキリとした仕上がりで戻ったもの。好位の後ろで折り合いもついていたように見えましたが、3角から手応えが怪しくなりました。鞍上も認めるように、よく分からないというのが正直なところ。



 【新馬戦1鞍】

阪神4R 2歳新馬 芝1200㍍
1△1(6)エーシンダックマン
2◎(1)マイネルカリバーン
3▲(7)パキッシュ
4△2(5)フェブムービング
5○(8)ベルエール

 <買い目>外れ

 <回顧>
 上位と下位の差が大きく、バラけた入線に。

 エーシンダックマン
 仕上がるもテンション高く、発汗が目立っていました。抜群のスタートを決めて、スンナリとハナへ。マイペースで運び、3~4角で息を入れられる展開。残り1ハロンで追い出して、あっという間に突き放しました。4馬身差の完勝。気性面の難しさはレースでは見られず。完成度で上回っていました。

 マイネルカリバーン
 仕上がり上々。スタートも良く、2番手。追っ付けて付いていこうとしますが、楽に突き放されてしまいました。後続には3馬身半差をつけており、再度この組み合わせならやはり上位。ただ、スピードに溢れるとまでは?

 パキッシュ
 周回していくうちにテンションが高くなっていきました。大きく出遅れも、二の脚はついて4番手のイン。そこからは終始内を狙い。4角で離され気味になりましたが、何とか③着は確保。これで慣れが見込めれば。

 フェブムービング
 少し余裕残し。スッと3番手につけ、直線でもそのまま流れ込めるかというところまで行きましたが、最後に交わされてしまいました。追われて頭が高くなっていて、決め手に課題。血統通りにダートの方が向く印象。

 ベルエール
 大きく見せて好気配。出遅れから5番手の追走。4角で離されて、さして脚を使えませんでした。入着は果たすも、目立つ内容ではありませんでした。



6月21日(日)
札幌9R HTB賞 芝2000㍍
1◎(10)ヤマニンウイスカー
2○(4)クリスタルウイング
3△1(1)ステイトリーデイズ
4△2(9)ヴェルトマイスター
5…(5)アイアムドラマ
12▲(8)タガノプルミエール

 <買い目>3連単55.9倍計10%的中

 <回顧>
 やはりというべきか、3歳馬と降級馬のワンツー決着に。

 ヤマニンウイスカー
 シャドーロール着用。プラス8㌔で、馬体充実。道中は中団で折り合い、動き出してからは抜群の勢い。巧くさばけて、直線入口では早くも先頭に並びかけていました。そこからは手応え通りに弾けて快勝。54㌔のハンデもありましたが、古馬との混合戦とはいえ、1000万下なら素質が上でした。昇級しても、もちろん楽しみ。

 クリスタルウイング
 長期休養明けのマイナス18㌔は驚きましたが、体つきは丁度良いぐらい。休み明けを考慮してか、これまでよりも後ろの位置取り。直線に向くまでジッとしていました。スペースができてからの伸びは迫力十分。今回は大事に乗られた印象もあり、次は有力。

 ステイトリーデイズ
 3、4番手のイン。直線でも最内があき、そこを突いてジワジワ伸びました。全く距離のロスがない競馬で恵まれた面もありますが、立ち回りの巧さが光る内容でもありました。

 ヴェルトマイスター
 中団の外から早めに押し上げにかかりました。いったんは2番手に上がるかという場面もありましたが、上位馬とは切れの差。今回はコーナーで外を回った分もあるでしょうし、ロスが抑えられれば、いま少し上が狙えそうです。このクラスでは安定み上位。

 アイアムドラマ
 スローペースの2番手。最後までしぶとかったのは確かですが、多分に展開に恵まれました。

 タガノプルミエール
 スッキリとした仕上げ。5番手の外で行きっぷりは上々でした。が、3角過ぎに急激に後退。何があったのか…。



 【新馬戦1鞍】

札幌4R 2歳新馬 芝1200㍍
1○(1)サンディエゴシチー
2△1(2)ラブキーセキ
3△2(6)ディアブラスト
4…(7)エイシンイチフジ
5…(10)ペプチドルパン
6▲(3)ハヤブサエミネンス
8△3(4)トレノジャイアント
10◎(9)マイネルレガーロ

 <買い目>3連単297.1倍1%的中

 <回顧>
 途中12秒2というラップもあったように、平均ペース。その割にはついていけない馬も多かったですが、上位馬には見どころも。

 サンディエゴシチー
 気配上々。終始好位のインをスムーズな追走。4角で②着馬が突き放した時にできたスペースを突き、鋭い脚。ゴール前ではキッチリと差し切っていました。頭はやや高めで、跳びが大きいのは父マンハッタンカフェ譲りでしょうか。距離が延びても楽しめそうです。

 ラブキーセキ
 乗り込み量の割にはスッキリとした仕上がり。スタートはひと息でもスッとハナへ。終始外から被されていましたが、4角で振り切りました。途中で息が入る流れだったこともあり、勝ちパターンにも思えました。勝ち馬の決め手に屈したものの、③着には4馬身差をつけており、上々の内容。

 ディアブラスト
 仕上がり良好。二の脚がつかず、やや離れた後方2番手。3角あたりから行き脚がつき、馬群に取り付く。かなり外を回る距離ロスがありながらも、最後は目立つ伸びを見せていました。レースを使ったことで追走にも慣れが見込めるでしょうし、内容は悪くありません。

 エイシンイチフジ
 やや細く見えるくらいの仕上がり。好発を決めるも、中団から。早めに手が動いていましたが、しぶとく食い下がって入着。現状ではラップの上げ下げに弱そうで、血統通りにダート向きの一本調子型かもしれません。

 ペプチドルパン
 周回中、時折頭が高くなっていました。残り400㍍あたりまで、鞍上が引っ張るような追走。決してリズムが良いとはいえませんでしたが、直線では内を突いてまずまずの伸び。乗り難しいところがありそうです。

 ハヤブサエミネンス
 小柄で仕上がっていました。押して②着馬に並びかけていき、楽な手応えに見えましたが、4角で振り切られてしまい、後は下がるだけ。追走にタメを利かせる方がいいとすれば、血統通りに中距離向きということがいえそうです。

 トレノジャイアント
 全体に緩いし、ガッチリとした印象を受ける馬体。スタートも悪く、ダッシュもつかずに離れた殿。「右にモタれていた」とのことで、鞍上は最後までアクションを起こさず。ひとまず使ったというだけの内容に留まりました。

 マイネルレガーロ
 大柄でもキッチリと仕上がっていました。外から3番手につけ、追走は楽に見えましたが、勝負どころで一気に手応えがなくなりました。気性的なものなのかどうかは不明ですが、見通しは?



予想通算成績(計47レース)
◎<5、6、3、33>
○<8、8、4、27>
▲<5、8、6、27>取消1
△1<7、8、8、23>
△2<3、3、4、34>
△3<3、3、7、21>
△4<0、3、0、19>
△5<1、0、0、1>
回収率 55.59%(先週の回収率 214.02%)

※うち【新馬戦1鞍】の成績(計2レース)
◎<0、1、0、1>
○<1、0、0、1>
▲<0、0、1、1>
△1<1、1、0、0>
△2<0、0、1、1>
△3<0、0、0、1>
回収率 148.55%

にほんブログ村 競馬ブログへ
スポンサーサイト

テーマ:競馬【各種分析】 - ジャンル:ギャンブル

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://guriguri410.blog42.fc2.com/tb.php/1353-7cd91c58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。