競馬ふぁん

競馬が好きで、大好きで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月10日(日)の予想

京都8R 矢車賞 芝1800㍍

 500万下の牝馬限定戦としては、まずまずメンバーが揃った一戦。そう流れは速くならないと予測できるだけに、終いの決め手を重視したいところです。

 前走では2番人気を裏切って⑥着に留まったフェイズシフト。出が悪く、流れに乗り切れなかったのが最大の敗因でしょう。本来は中団、もしくはそれよりも前で競馬を運べる馬で、前々走がそのような競馬でした。力関係はというと、4走前がバンガロール(新潟2歳S③着)、カイシュウボナンザ(500万で②着3回)という強い相手に0秒2差③着ですから、牝馬限定なら上位といえる存在。未勝利勝ちがスパッと切れた印象で、京都替わりもプラスに働くとみます。相変わらず坂路は動きますが、今回もラスト2ハロンを12秒4-12秒1と纏めて、好調です。

 はなみずき賞ではそのフェイズシフトに先着したラルーチェ。勝ったロードロックスターが京都新聞杯③着、②着のスリーロールスが先週500万勝ちなら、④着でも上々といえるものですし、上がり33秒3と決め手を発揮しました。休養前がピリッとしなかっただけに一変という印象が強いですが、ブリンカー効果が大きかったよう。また、最終追いで坂路4ハロンを51秒9-1ハロンと12秒8と動いて、上昇がうかがえます。

 常に上位人気に支持されながらも、勝ち切れなかったハッピーパレードですが、前走で待望の初勝利。②着5回と詰めが甘かった印象もありますが、相手もそれなりに揃っているところで走っていたことも影響していたでしょう。もとより相手なりということもあり、昇級していきなりの好走があっても驚けない馬ではあります。

 前走、6番人気に反発したボンバルリーナ。スローペースを見越して向こう正面から動いた鞍上の好判断があったのも確かですが、機動力を発揮できたことは、今回も同じような流れが見込めるだけに、大きいはず。切れ味という点では上記の馬たちには劣りそうですが、自在に動けるようなら、一角崩しの期待も。

◎(15)フェイズシフト
○(13)ラルーチェ
▲(14)ハッピーパレード
△1(4)ボンバルリーナ

 <買い目>(重なっている目もあります)
 3連単フォーメーション ◎○▲→◎○▲△1→◎○▲△1 各5%
 3連単 ◎→○→▲ 3%
 3連単 ◎→○→△1 2%
 3連単 ○→◎→▲ 3%
 3連単 ○→◎→△1 2%

にほんブログ村 競馬ブログへ
スポンサーサイト

テーマ:競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://guriguri410.blog42.fc2.com/tb.php/1328-4315ac7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。