FC2ブログ

競馬ふぁん

競馬が好きで、大好きで。

騎手対抗戦(シャーガーカップで思ったこと)

 英・愛選抜VS世界選抜の騎手対抗戦「シャーガーカップ」(12日、アスコット競馬場、6レース制、1騎手が騎乗するのは5レース)に世界選抜の一員として出場した福永祐一騎手は5レースで⑨⑩⑨⑦⑤着と奮わなかったようです。正直、ラインクラフトとテン乗りだったオークスのフサイチパンドラ以外何かあったかな…という程度の今年の福永騎手。昨年のシーザリオのおかげで世界選抜に選ばれたようですが、今年の調子では苦しかったか。「アスコット競馬場で騎乗できたということ自体、良い経験になったと思います」とのコメントを額面どおりに受け取れば、それでは世界ではまだまだなのでは?と厳しいことを考えてしまいます。もっとアピールできたのでは? 見ていない分際でこんなことを言うのもなんですが、ハーツクライが名勝負を演じた舞台・アスコットでの対抗戦だっただけに、日本には武豊以外にもこれだけの騎手がいるのか!とアッといわせる何かがあっていいのではないでしょうか。結果、コメントを合わせて考えるとただ“こなしてきた”という印象しか残りません。
 ちなみに「大赤字」だったようです。「シャーガーカップ」って選ばれた騎手もいろいろな経費は持ち出しなんでしょうか?

 日本でも夏競馬の中で、日本版「シャーガーカップ」をやってみたらどうでしょうか? 
 (1)東西対抗で。
 (2)ローカル開催前までのリーディング上位5人ずつと活躍が目立つ騎手1人ずつを選び6対6で行う。
 (3)札幌・新潟・小倉の持ち回りとする。
 (4)チーム対抗だけでなく、個人戦も同時進行で行い、1位になった騎手には「ワールドスーパージョッキーズシリーズ」への出場権を与える。

 今年から始まった「サマースプリントシリーズ」「サマー2000シリーズ」よりも目玉になったりして…。









↓↓ クリックお願いします。
 にほんブログ村 競馬ブログへ  人気blogランキングへ
スポンサーサイト



テーマ:競馬全般 - ジャンル:ギャンブル

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://guriguri410.blog42.fc2.com/tb.php/132-c61b1ec7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)