競馬ふぁん

競馬が好きで、大好きで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月22日(日)の予想

中山6R 3歳500万下 芝1600㍍

 降雨が始まる時間帯、雨量ともに読みづらいですが、ひとまずは土曜日までと同様、内有利の馬場とみます。

 超スローペースの新馬戦を勝ち上がったサトノエクスプレスですが、時計面よりも当時負かした相手がケニアブラックなら、レベルはまずまず。さらに2戦目は阪神に遠征して相手が強化された一戦でしたが、正攻法で②着。差されたのがミクロコスモスならば、仕方のない敗戦だったと受け取れます。重賞挑戦となった京成杯で、前有利の展開ながら失速したあたり、相手関係云々よりも距離が敗因。ベストといえるマイルに戻って、内を立ち回れる4番枠を引けたなら、まず崩れない中心馬として信頼します。

 3歳のこの時期、やはり短~マイル路線よりもクラシック路線の方が戦力の厚みがあるのが当然。2000㍍の主要特別戦を使ってきたコパノカミにとって、今回は相手関係には恵まれた一戦ともいえます。内からスパッと抜け出した新馬戦以来のマイル戦。ここ2走の戦法、他馬の出方からは逃げまでありそうで、ロスなく進めることができそうです。

 豪州産の遅生まれのハンデがあるヴィルマール。デビュー戦は時計こそ平凡ですが、まだ緩さの残る状態での差し切り。しかも相手に恵まれたわけではなく、当時の③④着馬が既に勝ち上がっているように、それなりの相手関係の中での勝利でもありました。瞬発力に優れているというよりもパワー型の印象も受けたので、中山替わりも問題ないのではないでしょうか。

 モンテアルベルトの前走・黄梅賞は500万としては高レベルの一戦でした。そこでの④着は素直に評価するべきでしょうし、直線での伸びには休養を挟んで立て直しを図った効果も見られました。ただ、不器用そうなあたり、再度の中山で前が弱くないとなると、また届きそうで届かないということもありそうです。

 多少地味な印象もありますが、②③①着と崩れていないコイクレナイは最内枠で流れに乗れる利がありそうです。

◎(4)サトノエクスプレス
○(14)コパノカミ
▲(3)ヴィルマール
△1(8)モンテアルベルト
△2(1)コイクレナイ

 <買い目>(重なっている目もあります)
 馬連 ◎○ 16%
 馬連 ◎▲ 12%
 3連単フォーメーション ◎○→◎○→▲△1△2 各3%
 3連単フォーメーション ◎○→◎○▲→◎○▲△1△2 各2%
 3連単フォーメーション ◎○▲→◎○▲△1△2→◎○▲△1△2 各1%

にほんブログ村 競馬ブログへ
スポンサーサイト

テーマ:競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://guriguri410.blog42.fc2.com/tb.php/1308-8d62bbd1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。