競馬ふぁん

競馬が好きで、大好きで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先週の結果と回顧(2/28、3/1)

2月28日(土)
中山5R 3歳未勝利 芝2000㍍
1△2(2)ノアブレイク
2△1(6)ウマザイル
3◎(1)スーパーシズクン
4…(3)トミケンヘイロー
5▲(11)アタゴオーラ
7○(12)ニシノアビリティ
9△3(10)スズマーシャル
15…(8)ミッキートリック

 <買い目>3連複72.1倍 2%的中

 <回顧>
 重馬場としては、2分3秒8は悪くない時計。ただ、終わってみれば、メンバーレベルはそう高くなかったかもしれません。

 ノアブレイク
 ビシッと追ってプラス8㌔。太め感はありませんでした。好スタートから控える競馬。向こう正面では中団の後ろでしたが、ペースが上がった勝負どころから進出。4角ではかなり外を回りましたが、先に抜けた②着馬をキッチリと捕らえました。ラスト1ハロン13秒5かかる展開に恵まれたのも確かでしょうが、長く良い脚を使いました。時計のかかる争いなら、昇級しても連下ぐらいには。

 ウマザイル
 スッと3番手を追走。ペースが上がったところで2番手にいた⑦着馬は斬って捨て、敵は前とばかりに進出。直線に向いて、内にモタれそうな面を見せましたが、右ムチで立て直しながら、逃げる③着馬を捕らえたところを、外から勝ち馬に差されました。自ら勝ちに行った内容は評価できますし、メドの立つ内容でした。

 スーパーシズクン
 押して注文通りにハナへ。5ハロン目以降、12秒5-12秒3-12秒1-12秒0とラップを上げていく逃げ。特に7、8ハロン目(12秒1-12秒0)のところで、先団のほとんどが追っ付け追っ付けになっていましたから、後続に脚を使わせる競馬でOKということでしょう。結果、ラスト1ハロンはバテてしまい、自身の上がりは38秒3要しましたが、1800㍍あたりならとも思わせます。

 トミケンヘイロー
 1角では最後方。向こう正面から内を徐々に進出。逃げ馬を追い掛けた馬たちが一杯になるところを、後ろから行った分、交わした格好になりました。一応伸びてはいますが、③着馬は5馬身前。今後も乱戦待ちの印象。

 アタゴオーラ
 好位の外目をスムーズに追走していましたが、ペースが上がったところで手応えが怪しくなり、結局自分の位置を守ったという⑤着止まりでした。メリハリのない競馬になってしまった感もあります。勝ち負けするにはひと工夫必要かも。

 ニシノアビリティ
 スンナリと2番手をキープして流れに乗っていましたが、これも勝負どころで一気に付いていくのがやっと。4角で3番手に後退してからの抵抗もひと息で、バテ合いの集団の一角という⑦着にとどまりました。前走とは競馬の質も違ったでしょうが、現状は逃げる競馬がベターかも。

 スズマーシャル
 初めて先団につける競馬となりましたが、逃げ馬についていった先団の中でも、最も後ろに下がった形になってしまいました。まだ自力で勝ちにいけるほどの力がないのでしょう。

 ミッキートリック
 後方まま。まるで反応がありませんでした。時間がかかりそうです。



3月1日(日)
中山4R 3歳新馬 ダート1800㍍
1▲(8)クレヨンロケット
2△4(11)ジェイズバニヤン
3…(4)ロッタラック
4…(13)マスターコーク
5△1(3)サクセスオネスティ
7△3(9)シンボリクルセイド
11◎(12)シャインプレジャー
14○(16)ブレンニューライフ
15△2(7)スノーオブサハラ

 <買い目>外れ

 <回顧>
 1分55秒0は脚抜きの良い馬場だったことを考えれば、水準級でしょうが、道中14秒台のラップもあったことから、まだ詰まるもの。全体のレベルとしても上々で、先々走ってきそうな馬も多い印象を受けました。

 クレヨンロケット
 父ジャングルポケットで胴長の馬体は、オウケンブルースリを想起させます。道中は中団よりも後ろの追走でしたが、3角手前から動き出すとあっという間に前との差を詰め、直線では手前を変えないまま、一気に突き抜けました。最後は抑える余裕すらありました。スピードに乗ってからのフットワーク、フォームは迫力あふれるもので、これはちょっとした素材ではないでしょうか。

 ジェイズバニヤン
 全体に四角張って、まだ余裕がありそうに見えました。好位の後ろを追走し、レースが動き出したところでも慌てなかったことが功を奏したか、直線ではバラけたところを巧く突いて、②着に浮上しました。手前を変えてからの走りは推進力十分。上積みも見込めそうで、次も楽しみです。

 ロッタラック
 フサイチパンドラの半弟。馬力型の馬体なのでしょうが、まだ太く見えました。道中は3番手を追走。勝負どころで外から来られた分、早めに動かざるをえなかった上、4角では4頭雁行の中でしたから、かなり厳しい競馬になりましたが、それでも一旦は抜け出し、最後まで踏ん張りました。脚力の高さは見せましたし、中身は濃いです。

 マスターコーク
 スッキリと見せていました。向こう正面では好位の後ろでしたが、ペースが上がったところで置かれ気味。追って追って付いていく感じでしたし、4角のコーナリングなどはスムーズではありませんでしたが、終始外を回りながらも最後まで長く脚を使っています。見た目には芝でもやれそうな印象もあります。

 サクセスオネスティ
 兄サクセスブロッケンをひと回り小さくした感じで、スラッとした馬体。積極的に2番手を追走。勝負どころで外から来られても、手応えには余裕がありそうに見えましたが、追って案外伸びを欠きました。見た目よりもプレッシャーはきつかったのでしょう。多少は大目に見れる⑤着だとは思います。

 シンボリクルセイド
 気持ち余裕残し。向こう正面で気合を付けられていましたし、ペースが上がったところでも置かれてしまいました。大外から伸びてはいるものの、前とは差がありました。使われて、道中の追走が楽になれば。

 シャインプレジャー
 仕上がり上々。1角で外に膨れ気味になりながらも、ごった返す好位の直後に付けることはできました。ただ、徐々に番手を下げて、勝負どころでは手応えが怪しくなっていました。コーナー4つではリズムが悪くなるのかもしれません。

 ブランニューライフ
 スッキリと仕上がっていました。1角ではかなり外を回るロスがありました。終始外を回って、気分良く行き過ぎてしまったのでしょうか。勝負どころで動いて先団を飲み込もうとしましたが、直線に向いたところでギブアップ。落ち着いて走れれば。

 スノーオブサハラ
 536㌔の大型には見えないまとまった馬体。まだ少し余裕がありそうには見えました。出遅れて1角では最後方。道中のリズムは悪くは見えませんでしたが、4角では鞍上があきらめていました。素材は悪くないはずで、使いつつ。



予想通算成績(計21レース)
◎<1、2、2、16>
○<4、3、2、12>
▲<2、4、2、12>取消1
△1<1、4、5、11>
△2<2、1、1、17>
△3<2、0、4、11>
△4<0、3、0、8>
△5<1、0、0、1>
回収率 46.19%(先週の回収率 72.1%)

にほんブログ村 競馬ブログへ
スポンサーサイト

テーマ:競馬【各種分析】 - ジャンル:ギャンブル

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://guriguri410.blog42.fc2.com/tb.php/1299-ea0b5c38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。