競馬ふぁん

競馬が好きで、大好きで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイワスカーレット、フェブラリーS断念

 いまや、日本の至宝といっても差し支えない存在、ウオッカとダイワスカーレットの名牝2頭。ウオッカはドバイ遠征へ向けて、順調な調整が続けられているということですが、ダイワスカーレットに異変が。脚部不安のために、前哨戦として出走を予定していたフェブラリーステークス(2月22日、GⅠ)を回避することになりました。

 昨年もドバイワールドカップ前に、フェブラリーS参戦を決めていたものの、目の負傷により回避していたダイワスカーレット。2年連続の回避となってしまいました。今年は、左前球節に熱があり、腫れもでてきて、球節下部には痛みも出てきたとのこと。
 超豪華メンバーで行われる中、初ダートでも、圧倒的なパフォーマンスを見せてくれるのではないか。そんな期待もありましたが、残念です。こうなると、ドバイ遠征の青写真にも狂いが生じたのは確かですが、とにかく今は治療に専念するしかありません。

 馬が故障すると、その前に何かサインを出していたはず。そんな言葉が関係者が聞かれることがあります。ダイワスカーレットは中間、馬場入りを嫌う場面が何度かあったようです。もしかしたら、何か前兆のようなものはあったのでしょうか。こんな事態になってしまった今、結果論にすぎませんが…。

にほんブログ村 競馬ブログへ
スポンサーサイト

テーマ:競馬コラム - ジャンル:ギャンブル

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://guriguri410.blog42.fc2.com/tb.php/1288-4df94795
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。