競馬ふぁん

競馬が好きで、大好きで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1月11日(日)の予想

中山11R 第25回フェアリーステークス(GⅢ) 芝1600㍍

 牝馬クラシックへ向けて、1600㍍に変更なったレース。ただ、“本番”桜花賞が阪神外回りなのに対し、中山1600㍍はトリッキーなコースであることを考慮すれば、単に潜在能力だけで予想をするわけにはいきません。

 ジェルミナルは阪神ジュベナイルフィリーズで2番人気に支持されましたが、ゴール前はやや失速気味の⑥着止まり。ショウナンカッサイが④着に入ったことから、決して展開が敗因とは思えません。また、1800㍍で連勝した内容との落差からは、距離に対する不安があります。中山マイルでは本来プラスの最内枠ですが、この馬にとっては、スムーズさを欠く危険がある枠でもあります。

 良血エリザベスムーンは前走の勝ちっぷりが評価されていますが、デビュー2戦でいずれも出遅れているあたり、ゆったり走れる阪神外回りが良かったともいえます。まだ気性的に子供っぽいところもありそうで、前走に比べて忙しい競馬にならざるをえない中山マイルへの適性は疑問です。

 デビュー3戦全て東京ですが、コースへの適性がうかがえるマイティースルーに期待します。初勝利を挙げた前走、好スタートから番手を追走。逃げ馬を交わすのに手間取りましたが、上がり3ハロンが11秒8-11秒7-11秒9で、1分34秒7の決着なら致し方のないところ。着差は半馬身でも、ゴール前はまだ余裕がありました。強力な先行型が多いわけでもない組み合わせで、前走の戦法でOK。先行して末もしっかり。そう簡単には捕まりません。

 2連勝でクラシックへ陣営が手応えを掴んでいるというパールシャドウ。抑えが利かずに途中からハナに立った前走が、ラスト1ハロン12秒1。バテない強みがあります。多少テンションが上がってきたところがあったので、間隔があいたのはプラスに働くのではないでしょうか。逃げ馬というわけではありませんが、マイティースルー同様、先行の利があります。

 アイアムネオのデビュー戦は、ペースが落ちたところで頭を上げる場面がありましたが、4角から外を回って進出して、前を交わしてからは抑える余裕の勝利。それでいて、ラスト2ハロンが11秒5-11秒8。奥を感じさせる内容でした。キャリア1戦は死角にもなりますが、中山マイルを使った強みはありますし、2戦目でこの枠なら、前走よりは前に付けそうにも思えます。

 デビュー戦の派手な勝ちっぷりと比べて、その後2戦が案外だったダイワバーガンディですが、新潟2歳Sは道悪、サフラン賞はフケの影響があったとのこと。追い切りの動きには迫力があって、復調ムード。母ダイワルージュは、中山で行われた2000年の新潟3歳S(当時)と、中山マイルのアネモネSを制しています。

 阪神JFは決してスムーズな競馬ができたわけではありませんでしたが、前が開いてからは脚を使っていたイナズマアマリリス。ファンタジーSからは内を立ち回れる器用さがあるだけに、14番枠は少し誤算でしょうか。外を回って勝ち負けというイメージはなく、押さえまで。

 牡馬相手のホープフルSでは全く競馬にならなかったグッデーコパですが、フケが出ていたとのこと。新馬勝ちが中山マイルでの逃げ切りですし、内目の枠なら流れに乗って、見せ場以上がないでしょうか。

◎(7)マイティースルー
○(10)パールシャドウ
▲(3)アイアムネオ
△1(11)ダイワバーガンディ
△2(14)イナズマアマリリス
△3(4)グッデーコパ

 <買い目>
 馬単 ◎→○ 10%
 馬単 ◎→▲ 10%
 馬単 ◎→△1 4%
 馬単 ○→◎ 7%
 馬単 ○→▲ 3%
 馬単 ▲→◎ 7%
 馬単 ▲→○ 3%
 3連複軸1頭流し ◎-○▲△1△2△3 各2%
 3連単フォーメーション ◎○▲→◎○▲△1→◎○▲△1△2△3 各1%
 
スポンサーサイト

テーマ:競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://guriguri410.blog42.fc2.com/tb.php/1271-c241e1d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【ショウナンカッサイ】についてブログの検索結果をまとめると…

ショウナンカッサイ についてブログの検索結果をまとめると…

  • 2009/01/28(水) 19:17:04 |
  • 最新キーワードチェック!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。