競馬ふぁん

競馬が好きで、大好きで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「競馬ブック」当日版が来年から450円に!他紙も追随か…

 「競馬ブック」土曜・中山版を購入して、パラパラとページをめくり、最終面(12面)にたどり着くと、思わぬ“お知らせ”が目に入りました。

 「価格改定のお知らせ」
 “原材料コストの急騰により(中略)2009年より小紙の価格を450円(税込)に改定させていただくことになりましたので(以下略)”…。

 週刊誌の方はすでに11月9日号から650円へ値上げしていましたが、ついに当日版も値上げとなってしまいました。

 「他の競馬新聞は?」と思い、「日刊競馬」を購入しましたが、その手の知らせは掲載されていませんでした。
 ただ、どちらも「日本競馬新聞協会」加盟紙であることから、おそらく「日刊」も、またその他の専門紙も、“横並び”で来年初めから450円に値上げされることになることは覚悟しておかなくてはいけないでしょう。

 すでに、「1馬」は450円に値上げされていますが、全場全レースの馬柱を掲載しており、むしろ格安感すらあります。値上げの際にもさして影響はなかったようにも思います。
 しかし、本日分を購入した「日刊」や「ブック」は全レースの馬柱を掲載していません(「ブック」は今なら、中山版・阪神版・中京版と発売しており、全レースをカバーしていますが)。古くから愛読しているファン、あるいは「さすがに全レースの予想は…」というファンにはそれでも事足りるのかもしれませんが、ただでさえ米国発の金融危機・不況に苦しむ世の中を思えば、今回の値上げは、ファンのさらなる専門紙離れを生むきっかけになってしまうかもしれません。また、専門紙業界再編へとつながる、そのスタートになってしまうかもしれません。

 2月、冬。「ホースニュース馬」休刊という悲しい出来事があってから10か月。またもや、冬に厳しいニュースが飛び込んできてしまいました。

 しかし、それでも。私は競馬新聞を買います。競馬新聞がなければ、日本の競馬は成り立たないと信じているからです。
 何とか踏みとどまってくれ、と願うばかりです。


※関連コラム「ホースニュース『馬』休刊に思うこと」
(2008年2月20日付)
 
スポンサーサイト

テーマ:競馬コラム - ジャンル:ギャンブル

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://guriguri410.blog42.fc2.com/tb.php/1254-e807a321
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。