競馬ふぁん

競馬が好きで、大好きで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11・9。オグリ!名手8人!健在!そして思う「オグリキャップ」

 11月9日、東京競馬場は「アジア競馬会議記念デー」として開催されました。その目玉イベントが、「オグリキャップ、東京競馬場に登場!」と「第2回ジョッキーマスターズ」でした。
 オグリキャップに競馬に導いてもらった私としては、これは競馬場に出向くわけにはいきません。当日限定で発売されるグッズにもそそられました。



 “定時”の9時よりも早く、8時50分に開門。オグリが公開されるパドックの良い場所を確保しようとダッシュしました。
 ここで第一の不覚。私は府中本町駅から直結している西門から入場したのですが、パドックに近いのは正門の方。パドックの最前列はあらかた埋まっていました。そこでメディア用のスペースの後ろに陣取ることに。これも一応、客向けの最前列ということで。

 次はグッズです。オグリグッズ目掛けて走ると…。もうそこはすでに人だかりができていました。何とかグッズを手にしようとしますが、周りの圧力も凄い。これではジョッキーマスターズのオッズカード(9枚組)が買えなくなる。そう思い、ジョッキーマスターズのオッズカードが発売されているメモリアルスタンドへ、またダッシュ。そこもすでに長い列ができていました。オグリキャップの雄姿も含めた9枚組が真っ先に売り切れるだろうと思っていたので、「これはまさか買えないのか」という不安もよぎりましたが、何とか購入。
 よし、今度こそオグリグッズだ!
 しかし。
 Tシャツとミニゼッケンはあっという間に売り切れていました。これが第二の不覚。
 何とか他のグッズ(ボールペン、クリアファイル、クオカード、カレンダー)は購入しましたが、オグリファンを自任している身としては、汚点と言ってもいいかもしれません。何故、ジョッキーマスターズのオッズカードの方に頭が行ってしまったのか。
 言い訳をすれば、今回はひとりではとても全てのグッズをカバーすることはできなかったとは思うのですが…。

11・9-1
 ↑これはグッズ売り場に展示されていた、オグリの巨大ぬいぐるみです。



 レースを見にコースの方に出向くことなく、パドックで終始過ごしました。そして、いよいよオグリキャップの登場です。

11・9-2
11・9-3
11・9-4
 ↑オグリの周回前、周回中はパドックのビジョンに栄光の軌跡が流されました。この日は京都で騎乗していた武豊騎手も、VTRでコメントを寄せていました。

11・9-5
 ↑パドックに姿を現したオグリキャップ。内側に首を向けて歩いている場面が結構ありました。また、久々に大勢の人の前に出るということもあってか、テンションはやや高めでした。
 周回前に注意事項が紹介され、オグリが歩いている最中は拍手や歓声などはあがらず、皆静かに見守っていました。

11・9-6
 ↑イベントに出演されたのは杉本清氏、鈴木淑子さん、現役時代のオグリと縁のあった岡部幸雄氏(1988年有馬記念優勝時に騎乗)、南井克己調教師(1988年の京都4歳特別と1989年の全6戦に騎乗)、ランス・オサリバン調教師(1989年ジャパンカップでホーリックスに騎乗し、2分22秒2という驚異の世界レコード=当時=のサバイバル戦でオグリキャップと炎の叩き合いを演じました)。

11・9-8
 ↑熱心なファンが飾った横断幕の前を歩くオグリ。

11・9-9
 ↑普段は競馬を取材しないメディアも訪れていたようで、カメラの数もかなりのものでした。さすがオグリ。

11・9-10
 ↑テンションが高いなりに、こうして落ち着いて周回していましたが…

11・9-11
 ↑周回中の大半は、このように立派なものを誇示しながら。オグリキャップ、23歳。種牡馬は引退となっていますが、まだまだ健在です。

11・9-12
 ↑現役時の勝負服をモチーフにして作られた馬着。ひし形の数は重賞勝利数12、星の数はGⅠ勝利数4を表しています。

11・9-13
 ↑馬着を身に着けて、最後の周回。

 これはファンの贔屓目なのかもしれませんが、やはりオグリにはオーラがありました。とにかく、オグリが元気に我々の前に出てきてくれたことが、何よりも嬉しかったです。



 パドックに続いては、ローズガーデン内ホースリンクで放牧ということでしたが、パドックでのお披露目が終わるやいなや、そこに向かうファンが多数。「オグリだけが目当て」という方がそれだけ、競馬場にお越しになっていたということでしょう。

11・9-14
11・9-15
11・9-17
 ↑パドックと違って、引き手に引かれるということもありませんから、オグリものびのびできたでしょうか。現役時のゲート入り直前に見せた武者震いのような仕草や、ごろごろと転がって砂浴びをする場面も見られました。
 
11・9-18
 これは府中競馬正門前からスタンドにつながる通路から撮ったもの。皆さんレースそっちのけで、この人だかり。ホースリンクの最前列で見たい方の列が、メモリアルスタンドの先まで伸びていました。その列の中には、お子さんがオグリの勝負服柄の服を着ているご家族連れの方もいらっしゃいました。オグリ人気、健在!



 最終レースが終わり、ジョッキーマスターズへ。
11・9-19
 ↑「13レース」の出走馬・騎手がパドックのビジョンに表示されました。

11・9-20
 ↑騎乗前に一列に並んだ出場騎手。松永幹夫、ランス・オサリバン、南井克己、河内洋、佐々木竹見、岡部幸雄、マイケル・ロバーツ、安田隆行の8騎手が揃いました。松永騎手には「ミッキー!」の黄色い(?)声援が。

11・9-23
 ↑ピントがずれてしまったのが残念ですが、「地方の鉄人」佐々木竹見と「JRAの至宝」岡部幸雄の2ショット。これはたまらないものがあります。


 誘導馬に西浦勝一調教師が跨り、横山典弘騎手、柴田善臣騎手、蛯名正義騎手、田中勝春騎手、武士沢友治騎手も花を添えました。スターターには小島太調教師。ジョッキーマスターズならではの演出がなされました。
 レースはとにかく素晴らしかったの一語。日も暮れ、ナイター設備が整っているわけではない中(これは今後に向けて、開催時期などを検討する余地があります)、見応えあるレースを作ってくれました。特にゴール前は迫力満点。先に抜け出した河内洋。外から迫る佐々木竹見。道中離れた7番手追走も、インを突いて差を詰めたオサリバン。内に切れ込み鬼気迫る追い込みを見せた岡部幸雄。オサリバンは、さすがに現役当時とまではいきませんが、“風車ムチ”を見せてくれました。「すげえ!すげえ!」思わず興奮しました。

 今では当たり前のようになっている地方騎手のJRA進出ですが、佐々木竹見騎手がJRA・GⅠの入場曲に乗って馬場入りし、GⅠのファンファーレを聞く時が来るとは。そんな場面を目の当たりにできただけでも、「第2回ジョッキーマスターズ」の価値はあったのではないかと思います。


11・9-24
 ↑パドックでの表彰式。ワールドスーパージョッキーズシリーズのように、揃いのジャンパーを着て、表彰式に臨む8人の“騎手”。

11・9-25
 ↑「ジョッキーマスターズツアー」参加を希望した中から選ばれた方々による、花束贈呈。

11・9-26
 ↑JRA土川理事長から、優勝した河内騎手には金、2位の佐々木騎手には銀、3位の岡部騎手には銅のステッキが贈られました。

11・9-27
 ↑堂々たる8人の“騎手”たち、健在でした!





 改めて、オグリキャップについて。

 前日のグリーンチャンネル「KEIBAコンシェルジュ」で、古谷剛彦氏が「オグリがいなかったらこの仕事をしてない」という旨の発言をしていました。
 当日版のある専門紙には「この馬に出会わなければ、こうして文章を書くこともなかったはず」とコラムに記すトラックマンがいました。
 引退レースとなった1990年の有馬記念からおよそ18年。それでもなお、こうしてファンが集まったという事実。入場者数は前年比133.2%でした。
 それだけ人をひきつける、オグリキャップとは。人生に影響を与える馬がどれほどいるか。
 かくいう私も、小学生の時、たまたまつけたテレビでオグリキャップの走りを見なければ、こうして競馬ファンになっていたかどうか。

 オグリキャップ様。あなたのおかげで、人生楽しくやってます。
 久々に馬運車に乗せられての移動、大勢の人に囲まれてのイベント、大変だったと思います。
 これからも、元気でいてください。



 先週のこと(あれだけの名勝負が繰り広げられても、スポーツ紙が1面で扱ってくれなかった)があったので、しばらくスポーツ紙の購入は控えようと思っていたのですが、帰りに一応駅売店をのぞいてみると、
11・9-28
 午後7時ごろに発売される「夕刊デイリースポーツ」の1面には、「オグリ」の大見出しがありました。
 ネタがネタ(何といっても「暴れん坊」)ですから、ちょっと笑っちゃうような紙面でしたが、思わず購入しました。
 「オグリキャップ」という響きが今でも世間に届くということが、オグリで競馬を始めた人間として、嬉しく思います。

 11月9日、改めて「オグリキャップ」という存在の大きさを感じさせてもらいました。
 
スポンサーサイト

テーマ:競馬コラム - ジャンル:ギャンブル

コメント

  
ここの無料予想いいねえ
秋華賞の大万馬券も当ててるし
園田JBCも6戦全勝

エリザベス女王杯が楽しみです

http://blog.livedoor.jp/club_keiba_yosou/
 

  • 2008/11/11(火) 13:49:16 |
  • URL |
  • エリザベス女王杯 #-
  • [ 編集 ]

おつかれさまです。

夕刊デイリーは絶対買っただろうと思いました(笑)

  • 2008/11/12(水) 08:07:59 |
  • URL |
  • 帯 #-
  • [ 編集 ]

>帯さん
夕刊デイリーは内容を吟味して購入しました(笑)
絶対買うと決めていたわけではありませんので、あしからず。

  • 2008/11/15(土) 04:34:55 |
  • URL |
  • ぐりぐり #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://guriguri410.blog42.fc2.com/tb.php/1232-1066d0b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。