競馬ふぁん

競馬が好きで、大好きで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大井にも外厩

 3月に認定厩舎、いわゆる外厩の導入が発表されていた南関東ですが、境共同トレセンがその外厩に認定されました。今回認定されたのは大井の7厩舎(荒井、五百蔵、蛯名末、柏木、山藤、高橋三、松浦)で、それぞれ6馬房の割り当てです。もともとは高崎競馬のトレセンだった境共同トレセンは群馬伊勢崎市にあり、高崎競馬廃止後も外厩の認定を受けるために活動を続けていたようで、今回はその努力が実ったことになります。また、すでに千葉県に小林分場を構えている大井ゆえに、南関東4競馬場の中でも最も早く認定されたように思われます。
 すでに外厩が行なわれているホッカイドウ競馬からはコスモバルク、インパーフェクトが出ています。マイネル・コスモ軍団のみならず、社台あたりが南関東に力を入れる可能性もあります(吉田照哉氏名義のプリンシパルリバーなんていましたよね)し、その外厩馬を出走させつつ、自分のところでは外厩を認めないJRAの姿勢も、馬主制度とともに改めてクローズアップされるかもしれませんね。
スポンサーサイト

テーマ:競馬全般 - ジャンル:ギャンブル

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://guriguri410.blog42.fc2.com/tb.php/121-4bb301cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。