競馬ふぁん

競馬が好きで、大好きで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【重賞回顧】エルムS、京成杯AH、セントウルS、朝日チャレンジC

第13回エルムステークス(JpnⅢ)
1△(10)フェラーリピサ
2△(7)トーセンブライト
3…(5)エアアドニス
4◎(1)メイショウトウコン
5△(9)マコトスパルビエロ
6▲(8)ドラゴンファイヤー
7○(2)アドマイヤスバル

 函館ウッドコースで超抜の好時計をマークしていたフェラーリピサ。それだけ状態が良かったということだったのでしょうが、それにしてもの完勝でした。前で流れに乗って抜け出すという、この馬の必勝パターンに持ち込みました。追っても確りとしており、危なげない内容。ベストと思える北海道シリーズの1700㍍ということも含めて、納得の結果。ジャパンカップダートが1800㍍になったことで目標になるでしょうが、中央場所の坂のあるコースであと100㍍をどう克服するでしょうか。

 トーセンブライトは道中は中団より後ろ。勝負どころで馬群を巧く捌いて進出。外に出してからもよく伸びています。勝ち馬に完璧に乗られてしまった分の負けといえます。

 エアアドニスは1700㍍で連続しての好走。これも3角から積極的に動いて、逃げ馬に鈴を付ける形での頑張りだけに評価できます。

 人気のメイショウトウコンは④着止まり。道中、後方に決め込むのはいつものことですが、捲りに行った時の手応えが他馬に比べると案外。そこで脚を使った分、直線の伸びもひと息でした。最も力を出せる条件と思えただけに、やや不甲斐ない内容とも取れますが、コース取りの差も影響したのも確か。

 マコトスパルビエロは久々に本来の先行策が取れました。ただ、4角で早めに来られたにしても粘りは昨年②着時ほどではありませんでした。復調に手間取っている印象。

 ドラゴンファイヤーは中団の前。アンタレスSのような競馬ができるかと思いましたが、伸びひと息。本来は前にやり合ってもらって…というタイプでしょうか。

 アドマイヤスバルは不本意な後方からの競馬。流れに乗れず競馬になりませんでした。4角では早々に圏外。力負けではありません。



第53回京成杯オータムハンデ(GⅢ)
1…(16)キストゥヘヴン
2△(3)レッツゴーキリシマ
3△(4)ステキシンスケクン
4…(2)ヤマニンエマイユ
6◎(8)リザーブカード
8▲(9)マイケルバローズ
12△(10)サトノプログレス
15…(11)ゴスホークケン
16○(5)ダンツキッスイ

 逃げを主張したダンツキッスイの外から、ハナを叩いたゴスホークケン。ハイペースは予想できたことですが、前半600㍍32秒8-800㍍44秒0-1000㍍55秒9は、いくら高速馬場の開幕週とはいえ、とても想像のつかないハイラップでした。
 その分、馬群が縦長になり、枠の不利が少しは小さくなったかもしれませんが、それにしても中山マイルの大外枠から鮮やかに勝ち切ったキストゥヘヴンはお見事。パドックから気配の良さは伝わっていたキストゥヘヴン、道中は後方でジックリ。3~4角で外から進出、直線では更に脚を伸ばしての快勝でした。2006年桜花賞以来の勝利ですが、今年は京王杯SCでスズカフェニックスに先着するなど好調。この相手なら力量上位でもありました。

 レッツゴーキリシマにとって、ロスなく立ち回り、直線もインを突く競馬は狙い通りだったのではないでしょうか。正攻法では分が悪くとも、持ち味の器用さを生かせる競馬なら、今後も侮れません。

 ステキシンスケクンはスタートが悪く後方から。しかし、先行に固執することなく、キストゥヘヴンに連れて外を回って進出。多少口向きの悪いところはありましたが、コース相性の良さを発揮しました。

 惜しかったのはヤマニンエマイユ。結果的にワンテンポ早い仕掛けになってしまいましたが、今季の好調を示す④着です。

 リザーブカードは4角の手応えの割に伸びを欠きました。ペースなどを踏まえると、結果的には正攻法すぎたということでしょうか。

 マイケルバローズはペースはドンピシャだったはずですが、伸び一歩。まだ復調途上。
 サトノプログレスは古馬相手だと、もう少しズルい競馬ができないと厳しそう。

 超ハイペースを作ったゴスホークケン。精神面のスランプと考えてよさそうで、今後は静観が妥当とみます。



第22回セントウルステークス(GⅡ)
1△(4)カノヤザクラ
2…(16)シンボリグラン
3△(12)スプリングソング
4…(13)ジョリーダンス
7△(14)マルカフェニックス
8○(8)スズカフェニックス
9△(11)ファイングレイン
11◎(10)アポロドルチェ
14▲(9)コスモベル

 いかにも開幕週らしい決着といえばそれまでですが、それにしてもカノヤザクラは完勝といえる内容でした。
 これまでの1200㍍戦と違って、好位に取り付いて行けたのは、前走で1000㍍を使った効果。抜群の手応えで、直線半ばまで持ったまま。外を見やる余裕すらありました。
 ただ、「開幕週らしい」と書いた通り、逃げ=先行馬に有利な馬場。さらには、前半3ハロン33秒5は決して速いペースではなく、より一層差し=追い込みタイプには苦しい競馬になりました。その恩恵を受けたのも確かで、カノヤザクラ自身のラップは34秒1-33秒2。昨年のサンアディユのような、抜群のラップバランスとはいきませんでした。より厳しい坂のある中山で、再度高いパフォーマンスが出せるかどうか。今のスプリント路線なら、勢いで突破ということもあるでしょうが、果たして?

 シンボリグランは例によって掛かり気味でしたが、引っ張りすぎず3番手につけたあたりは、福永騎手の好判断。それでも勝ち馬に屈したあたりは力負けという面はあるでしょうが、今後の作戦の選択肢が広がったのは確かです。

 スプリングソングは果敢にハナを切りました。ペースには恵まれましたが、4角では早めに外から来られました。それでもしぶとく踏ん張ったあたり、初の古馬相手にしては上々の内容。短距離路線、今後の注目株とみています。

 これまでは1400~1600㍍が主戦場だったジョリーダンスキャリアを積んで、使える脚が短くなってきたところに、流れがピッタリだったのではないでしょうか。ペースが上がったり、距離を延ばして、また同じ脚が使えるかどうか。

 マルカフェニックスは直線でロスなく間を縫って脚を伸ばしましたが、さすがに展開不向き。

 人気を裏切った実績馬2頭。スズカフェニックスは出遅れて最後方から。3~4角で外を回って進出した時は、そこからどれだけ伸びるかという手応えでもありましたが、そこからがひと息。上がり33秒1は一応最速ですし、前が止まらなかったのも確かですが、以前の迫力に欠けた印象を受けたのも、また確か。
 ファイングレインはカノヤザクラの直後を進んでいましたが、勝負どころでアッサリと離されてしまいました。59㌔、休み明けを考慮した仕上げなど、苦戦の要因はあったでしょうが、それにしてもという内容には見えました。
 2頭とも、ひと叩きして一変が期待できると言い切れない走りでした。中2週の本番でどこまで変わるでしょうか。

 期待した2頭、アポロドルチェコスモベルはともに後方からの競馬を余儀なくされ、流れに乗れませんでした。アポロドルチェは速い時計の決着に不安が残り、コスモベルは本来の先行策が取れないと、この相手では苦しくなりました。



第59回朝日チャレンジカップ(GⅢ)
1◎(7)ドリームジャーニー
2○(8)トーホウアラン
3▲(12)キャプテンベガ
4△(2)ニルヴァーナ
6△(9)アドマイヤメイン

 最大の焦点といえたのは、ドリームジャーニーの勝ち方。格好の目標ができた小倉記念とは違い、今回は、表現が正しいかどうか分かりませんが、1頭の競馬。残り800㍍を切ってから動き出し、4角では前を射程圏に入れ、直線に入ってからはこの馬特有の小気味良いピッチ走法で切れを発揮しました。ゴール前は抑える余裕もあり、着差以上の完勝でした。
 早めに動いていったことで、単に切れるだけではないことを示したことにも価値があります。追い込み型だからといって、長い直線がいいというわけではありませんが、こなせる下地はできたように思います。ただ、コーナーで動くのと、直線に入ってすぐにスパートするのは、同じ距離だけ脚を使っていても意味合いが違うのも確か。ひとまず、天皇賞(秋)でもノーマークにはできなくなりました。

 トーホウアランは2番手から。当面の相手ニルヴァーナを退け、キャプテンベガの追撃も封じましたが、勝ち馬には力負け。ただ、早めの競馬で力は出しており、春の煮え切らない競馬からは脱却しつつありそうです。

 キャプテンベガは相変わらず身が入らないというか、本格化しないまま。4角の手応えなどは一番良かったように見えましたが、そこから弾けないのがもどかしく思えます。

 ニルヴァーナはハナへ。逃げの手に出るのは決して悪いことではありませんが、結果は一緒。特に今回は開幕週のスローペースと望外の展開だったにもかかわらず、この結果。2000㍍、重賞となると、どうしても掲示板より上が望めません。

 アドマイヤメインは出が悪く、ドリームジャーニーよりも後ろから。最後まで気を抜かずに走っていますが、ブリンカー再着用の効果があったかどうかは微妙。
 
スポンサーサイト

テーマ:競馬【各種分析】 - ジャンル:ギャンブル

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://guriguri410.blog42.fc2.com/tb.php/1200-2e3451e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。