競馬ふぁん

競馬が好きで、大好きで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【重賞予想=9/13(土)】エルムS


札幌11R 第13回エルムステークス(JpnⅢ)

 昨年は馬インフルエンザの影響でブリーダーズゴールドカップを除外、ステップを狂わされたメイショウトウコン。それでも前に取り付く脚の速さ、並ぶ間もなく交わした末脚。ケチのつけようがありませんでした。今年はブリーダーズGCをハナ差辛勝でしたが、最後にねじ伏せたあたりが、GⅡ、GⅢレベルでは地力が違うことを示すもの。何より、ここへ向けて順調なローテーションで来れたことがプラス。また、休養前の2走が負けるにしても、という内容だっただけに、キッチリと軌道修正できたことも好材料です。58㌔は昨年と同斤量、連覇の公算大とみます。

 太めが残っていたマリーンSで自ら勝ちに行って、着順・着差以上の評価ができるアドマイヤスバル。不利さえなければ、という根岸Sの内容からも、こちらもGⅢレベルなら上位の能力。札幌は3戦全勝の相性の良さ。中間も十分すぎるほど乗り込んでおり、ここを目標に仕上がりました。

 ジャパンカップダートでは2番人気に支持されるほどのドラゴンファイヤー。そこから少しスランプ気味でしたが、アンタレスSでは内をロスなく追走して、②着に浮上。復調を印象づけました。立て直しさえなれば、昨夏~秋にかけてのパフォーマンスの高さからも、まだまだ上昇が見込める素質馬です。

 以下は、力的に少々分が悪いかもしれませんが、一応②③着候補としてマーク。
 フェラーリピサは4走前に内田博騎手にビッシリ追われたことが奏功したか、その後がそれほど危うさを覗かせないレースぶり。安定みを増しています。
 トーセンブライトは、前々走で58㌔を背負ってフェラーリピサにクビ差競り勝ちました。能力の最大値は大きく見劣らないでしょうが、幅は小さくともムラっぽい面はあり、56㌔と恵まれた斤量でどこまで迫るか。
 マコトスパルビエロは休養明け2走が、以前ほどの先行力を見せることなく終わっています。昨年②着時の安藤勝騎手に戻ることで、どれだけこの馬の良さを引き出せるでしょうか。

◎(1)メイショウトウコン
○(2)アドマイヤスバル
▲(8)ドラゴンファイヤー
△1(10)フェラーリピサ
△2(7)トーセンブライト
△3(9)マコトスパルビエロ
 
スポンサーサイト

テーマ:競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

コメント

藤田で内枠ではメイショウは無い読みが甘い甘い。

  • 2008/09/13(土) 15:27:28 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://guriguri410.blog42.fc2.com/tb.php/1197-9a4abe34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。