競馬ふぁん

競馬が好きで、大好きで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【重賞予想=9/7(日)】新潟2歳S、小倉2歳S

新潟11R 第28回新潟2歳ステークス(JpnⅢ)

 デビュー戦は出遅れた上に、勝ったツルマルジャパンのマイペース。捕らえ切れなかったセイウンワンダーでしたが、2戦目の初勝利が圧巻の内容。直線で追い出されると、ややモタれ気味ながらも後続を離す一方。相手に恵まれたのは確かでも、岩田騎手によると1頭になって気を抜いたとのこと。それでいて、上がり3ハロンのラップが11秒6-11秒5-11秒4と尻上がり。しかも、直線で坂のある阪神コースでマークしているだけに、その価値は絶大です。追っての確かさは、直線の長い新潟外回りには打ってつけですし、新潟デビュー組よりも素質で一枚上とみます。

 デビュー戦からセンスの高さを示したバンガロール。マリーゴールド賞ではツルマルジャパンに敗れましたが、輸送してのプラス8㌔は多少余裕残しの造りでした。今回はこの厩舎らしく、DWで6ハロンから一杯に追われました。目標に向けてキッチリと仕上げています。

 特注はゴールドスパークル。道中が追い通しだった上に、直線で不利を受けたデビュー戦で絶望的な位置から差し切り勝ち。ステイゴールド産駒らしく小柄ですが、その勝負根性は非凡なものがあります。道悪経験も大きな強みとなりそうです。

 新馬戦で一騎打ちを演じたマッハヴェロシティガンズオブナバロン。当時の人気はガンズの方が上でしたが、マッハは当時太め。前走でレコード勝ちのガンズの評価も落とせませんが、追い切りがすがるくなったマッハの上積みも大きく、2頭の評価は直接対決の着順通りに。

 苦しい位置から、ゴール前は余裕で抜け出したダイワバーガンディは、距離延長歓迎。中1週でもビッシリと追われたドリームゼニスも押さえには。

◎(8)セイウンワンダー
○(6)バンガロール
▲(9)ゴールドスパークル
△1(10)マッハヴェロシティ
△2(14)ダイワバーガンディ
△3(15)ガンズオブナバロン
△4(1)ドリームゼニス



小倉10R 第28回小倉2歳ステークス(JpnⅢ)

 最大の注目は、やはりツルマルジャパン。1600㍍でデビュー勝ち、1400㍍のマリーゴールド賞を経由して、1200㍍のここに参戦というローテーションは異例。スッとハナに立てるセンスを陣営が考慮してのことでしょうが、追ってからの反応に不安がないこともありません。単調でも1200㍍ならとなるかというと、テンのダッシュがこれまでの距離とは違ってきますし、決して楽観はできないと考えます。

 デビュー戦はペースもあって、平凡な時計に終わったデグラーティアでしたが、フェニックス賞では使われた上積みもあって、しっかりと先行馬に付いていきました。それでいて、追っての反応は新馬戦同様かそれ以上といえるもの。しかも、まだ余力があるような走りでもありました。まだ時計短縮は可能です。2連勝がともに多くはない頭数の大外枠で、モマれる不安もなくはなかったのですが、ここでも大外16番枠を引いたあたりが、引きの強さ。先行馬を前に見ての差し切りに期待します。

 先行馬壊滅のデビュー戦で、③着にしぶとく粘ったメイクデュース。その時点で能力の高さは示していましたが、2戦目の初勝利は、先行するセンスだけでなく、追って確かなところを見せました。しかも、1分8秒3は小倉開催を通じての2歳戦1番時計と、数字の裏付けも十分です。

 追っての味という点では、シルクナデシコも見逃せません。デビュー戦は出遅れて流れに乗れませんでしたが、前走は外から捲り気味に動いて、ゴール前までしっかりとした脚色。前がやり合うような展開になれば、ゴール寸前で外から一気に差し込んできそうです。

 着差は半馬身と僅かでも、外から一旦交わされかけてから、グイっとひと伸びした勝ちっぷりに奥を感じさせたワンカラットまで、大きな差はなさそうです。

 もう1頭、勝ち上がりに3戦を要したものの、使われつつ良化しているノアウイニングの連闘策が押さえ。

◎(16)デグラーティア
○(7)メイクデュース
▲(4)シルクナデシコ
△1(1)ツルマルジャパン
△2(6)ワンカラット
△3(13)ノアウイニング
 
スポンサーサイト

テーマ:競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://guriguri410.blog42.fc2.com/tb.php/1193-76ddb1d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。