競馬ふぁん

競馬が好きで、大好きで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【重賞予想=8/3(日)】小倉記念

小倉10R 第44回小倉記念(JpnⅢ)

 重賞どころかオープンにも出走したことのないダイシングロウが56㌔とは少々驚きましたが、最近のハンデ戦におけるJRAの評価は大きな間違いがなく、昇級でも絶対能力を示しているともいえます。2連勝の内容が秀逸なだけ、余計に評価が上がっています。特に前走の博多Sは、飛ばす前2頭から離れた3番手で競馬がしやすかったとはいえ、自然体で4角先頭から後続に付け入る隙を与えない完勝劇。目下の充実急。②着がグロリアスウィークですから、相手の裏付けも十分です。今回も逃げないと持ち味の出ないミヤビランベリをマークしての番手。後続に迫られたくないミヤビランベリのペースが緩むとは思えず、前走と同じ戦法でOK。一気に重賞まで駆け上ります。

 相手にはそのダイシングロウに敗れたグロリアスウィーク。準オープン戦では常に重ハンデを背負わされる分、詰めを欠きますが、安定みは抜群。前走はダイシングロウより1㌔重かったですが、今回は逆に1㌔こちらが軽くなりました。もとより、弥生賞でアドマイヤムーンの②着という高資質。この相手なら十分すぎるくらいに通用します。

 昨年の覇者サンレイジャスパーの前走はいかにも叩き台。道悪の影響も受けました。今回は攻め馬の動きが素軽くなり、一変もありそうなムード。53→55㌔は楽ではありませんが、夏に強い牝馬でもあり、やはり軽視はできません。

 休み明けの七夕賞がしぶとい走りだったヴィータローザ。蛯名騎手も次走への手応えを話していました(今回は小牧太騎手)。昨年は七夕賞④着→小倉記念⑤着とひと息でしたが、今年は昨年より1㌔減。追い切りも単走の割に動けていました。

 重賞では常に掲示板止まりのニルヴァーナ。ステップを使わずにここに出走が逆に良い方に出ないでしょうか。鉄砲は利くタイプ、押さえに。

 ミヤビランベリの七夕賞は人気薄の強み、後続が簡単に押し上げられない馬場と全てが向いていました。マークされる立場になる今回は?
 ドリームジャーニーは武豊騎手の進言でコーナー4つのレースに出走してきましたが、その主戦が騎乗停止。乗り難しいタイプでテン乗りは?

◎(10)ダイシングロウ
○(15)グロリアスウィーク
▲(5)サンレイジャスパー
△1(7)ヴィータローザ
△2(2)ニルヴァーナ
 
スポンサーサイト

テーマ:競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://guriguri410.blog42.fc2.com/tb.php/1171-70868811
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。