競馬ふぁん

競馬が好きで、大好きで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【重賞予想=7/13(日)】七夕賞、プロキオンS


福島11R 第44回七夕賞(GⅢ)

 先週は外差しが顕著だった福島の芝。今週は外有利は変わらないものの、必ずしも差し一辺倒になってはいません。先行馬も外を回る分、差し馬はもっと外を回されるロスが響くということもあるでしょう。特に中距離以上ではむしろ先行組を重視したいところ。
 とはいえ、先行勢が頼りない組み合わせではどうしたらいいのか。
 コース適性を重視してグラスボンバーに期待します。前走は自己ベストを短縮して0秒1差。8歳ながら衰えは感じられません。適度に上がりが掛かる福島はベター。実際、七夕賞は③着が2度(05、06年)。しかも、一昨年はメイショウカイドウコンゴウリキシオーを相手にしてのものですから価値があります。差し馬ではありますが、福島ならある程度の位置から動けるタイプで大崩れはないものとみます。

 ここに来ての充実が目立つのはカネトシツヨシオー。前走も勝負どころで動いて、ゴールまで脚色はしっかり。福島克服の強みがあります。金鯱賞の末脚などを見ても、距離延長がそうこたえるとも思えません。

 札幌で勝った時は少頭数。あくまでも府中などの広いコースの方が向いていそうなマイネルキッツですが、この鞍上なら3角から一気に動いてレースをかき回す展開があっても良さそう。4角で良い位置に付けたら、案外そのまま自分が残るという場面があるかもしれません。休み明けの前走は見せ場タップリ。重賞でも臆するところはありません。

 ようやく良血開花が見えたキャプテンベガ。秋を展望したいレースですが、ゆったりとした流れでスパッと切れる馬。今の福島の馬場がプラスとは? それを克服するだけの馬力が付いてきたかどうか。トウショウヴォイスも長い直線を利したいタイプで、新潟記念などがベターな条件。あくまで押さえ。

 他に伏兵は予想以上にスタミナが問われそうになったときのミヤビランベリドリーミーオペラ

◎(8)グラスボンバー
○(12)カネトシツヨシオー
▲(7)マイネルキッツ
△1(10)キャプテンベガ
△2(3)トウショウヴォイス
△3(9)ミヤビランベリ
△4(13)ドリーミーオペラ



阪神10R 第13回プロキオンステークス(GⅢ)

 GⅠ②⑤③③着。惜しい内容ながらもあと一歩足りないワイルドワンダーヴァーミリアンブルーコンコルドなどの強敵相手に善戦できるのは地力があるからこそですが、マイルでも脚の使いどころが難しく、実績通りにベストは1400㍍。抜群の切れ味を引き出すことができます。コンスタントに使われていますが、かしわ記念後はここを目標に乗り込まれていて態勢は万全。一連のGⅠ路線に比べれば相手には格段に恵まれており、連覇濃厚です。

 ワイルドワンダーを筆頭に3頭出しの久保田厩舎。さすがダートの素質馬の宝庫ですが、3歳シルクビッグタイムも将来有望。この時期に古馬相手がどうかですが、新馬から3連勝のパフォーマンスは世代屈指のもの。休み明けの前走にしても、内からしぶとく伸びていました。1ハロン短縮は好材料、若さを武器に古馬相手でも。

 昨年、ワイルドワンダーの決め手に屈したリミットレスビッドですが、交流Gを中心に1400㍍では安定した成績。58㌔は昨年②着時と同斤量。大崩れはないでしょう。昨年同様のワンツーまであります。

 以下は地味ながらも着実に力をつけているゼンノパルテノン、年齢を重ねて案外短い距離で脚を引き出せるかもしれないサンライズバッカスが押さえ。

◎(12)ワイルドワンダー
○(2)シルクビッグタイム
▲(13)リミットレスビッド
△1(3)ゼンノパルテノン
△2(7)サンライズバッカス
 
スポンサーサイト

テーマ:競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://guriguri410.blog42.fc2.com/tb.php/1156-fd9913e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。