競馬ふぁん

競馬が好きで、大好きで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【重賞予想=6/7(土)】ユニコーンS


東京11R 第13回ユニコーンステークス(JpnⅢ)

 出走してくればタダ貰いだった?サクセスブロッケンがダービーへ駒を進めた分、各馬にチャンスが広がった上、ダート中心に走ってきた組と芝路線を歩んだ組との比較も難しい一戦です。

 オープン入りして3戦。伏竜Sの③着はやや消化不良でしたが、端午Sではサクセスブロッケンには5馬身離されたものの②着は確保。さらに前走、昇竜Sはスローの単騎に恵まれたとはいえ、余力十分の楽勝。一貫してダートを使って③着を外したことがないユビキタスを中心とします。すでに東京1600㍍を使って好時計勝ちしており、スタート地点の芝にも不安ありません。中間の雨でパサパサの馬場にはならないだけに、脚抜きの良い馬場での好成績がプラスになります。さらには、典型的な逃げ馬不在なら、再度展開にも恵まれそうです。

 初ダートの中では、ドリームシグナル。NHKマイルCは内絶対有利の中、外から目立つ伸びを見せていました。シンザン記念の鮮やかさを見ても、ベストは1600㍍。芝、ダートを問わなかった異端の父なら、という期待もありますし、先週兄のホクトスルタンが目黒記念を制して、血統的な勢いもあります。砂を被りづらい分、この枠もプラスでしょう。

 ダイワマックワンは、初ダートだったヒヤシンスSでは、サクセスブロッケンが抜け出した後を追いかけるように、最後までしっかりと脚を使っていました。出遅れて差しに回ったのが奏効したとはいえ、脚質に幅を増すことにも成功。ダート、距離という課題も一気に克服できました。熱発でファルコンSを回避して間隔があきましたが、走れるデキにはありそうです。

 ファルコンSはやはり懸念された芝が敗因と割り切れば、ダートに戻ってシルクビッグタイムの反発に注目が集まるのは当然です。新馬戦から3走、ダートでは圧倒的なパフォーマンスを見せてきました。これが1200、1400なら◎となりそうですが、スタート地点が芝で、距離も未知の1600㍍。一介のスピード馬でもなく、こなせる範囲ではあるでしょうが、さすがに初めてとなると詰めの課題が浮上しそう。今回は評価を下げます。

 以下、芝でも大崩れなく高いレベルで走ってきたロードアリエス、いきなり地方の深い砂に対応したダート2走目のウイントリガー、常に安定した末脚を繰り出すクリールパッションが押さえ。

 安藤勝騎手、中村調教師がとにかく素質を絶賛してきたサダムイダテンがついにダートに矛先を向けてきました。父フォーティナイナー、初ダートがむしろプラスになるかもしれませんが、それよりも馬の気力が心配。雪で順延された共同通信杯以降、走りに活気が感じられません。超早熟?かどうかは不明ですが、スランプ脱出の兆しがレースで見られない以上、今回も軽視とします。

◎(6)ユビキタス
○(12)ドリームシグナル
▲(15)ダイワマックワン
△1(7)シルクビッグタイム
△2(9)ロードアリエス
△3(11)ウイントリガー
△4(10)クリールパッション
 
スポンサーサイト

テーマ:競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

コメント

ホント、いつも詰めは甘いわ、冴えない予想だな。偉そうな事を言う割に。

  • 2008/06/07(土) 21:09:16 |
  • URL |
  • シン #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://guriguri410.blog42.fc2.com/tb.php/1126-e6ef5750
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。