競馬ふぁん

競馬が好きで、大好きで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【GⅠ予想=5/18(日)】ヴィクトリアマイル


東京11R 第3回ヴィクトリアマイル(JpnⅠ)

 歴史的快挙のダービーから約1年。勝ちから見放されたウオッカ。敗戦の中で目立つ内容だったのはジャパンカップとドバイデューティーフリー。どちらも直線で一度は突き抜けるかという脚でした。そしてどちらも左回り。気性面からマイルもプラス。ダイワスカーレットのいない牝馬限定なら。
 しかし、ドバイ遠征からまだ2か月も経っておらず、馬体の回復は? 最終追いは久々のコースで強めに追われたものですが、本来のデキなら追わずとも引っ張りきれないような手応えを見せていた以前に比べると動きもまだ完調とは思えません。
 勝たれて納得、一方で案外な敗走も納得。今回は▲が一番ふさわしい印と判断します。

 まだ2回のデータしかありませんが、勝ち馬はいずれも前走で牡馬混合重賞で②着の星がありました。“最強牝馬世代”の中では“遅れてきた大物”といってもいいニシノマナムスメはようやく馬に身が入ってきました。愛知杯は内をすくって恵まれた印象もありましたが、マイラーズCは早めに抜け出したカンパニーをただ1頭追い詰める脚を見せました。使っても馬体が減らなくなり、フックラ見せます。無理にクラシックを目標としなかったことが良かったのでしょう。斤量差があっても、ウオッカに敵わなかった昨春とは馬が違います。

 決して安定して駆けることはありませんが、昨年の安田記念③着、阪神C②着。これも牡馬相手の重賞で実績があるジョリーダンス。前走は内で進路が狭く、周りを邪魔しないようにしながらの走り。スムーズではありませんでした。ひと叩きされて、追い切りが抜群の動き。巻き返しがあって何ら不思議ありません。

 昨年のオークスで接戦を演じたローブデコルテベッラレイア。ローブはあれが一世一代の走りという可能性がなくもありませんが、阪急杯③着などは復調をうかがわせる内容ではありました。今回はシャドーロールを着用、血統的に東京コースで変わっても。ベッラレイアは7か月ぶり。使うと行きたがるタイプだけに、ぶっつけは案外プラスに働くかもしれません。あとはマイルで加速がスムーズにいくかどうか。

 伏兵は昨秋、東京マイルで2連勝のトウカイオスカー。休み明けの福島牝馬Sは多少強引な競馬。じっくりと折り合って切れ味を生かすことができれば、大駆けも十分。叩き2走目で攻めもすがるくなっていますし、トウカイテイオー×リアルシャダイトウカイポイント(2002年マイルCS)と同配合、同厩舎です。

◎(13)ニシノマナムスメ
○(4)ジョリーダンス
▲(9)ウオッカ
△1(11)トウカイオスカー
△2(3)ローブデコルテ
△3(17)ベッラレイア
 
スポンサーサイト

テーマ:競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://guriguri410.blog42.fc2.com/tb.php/1108-d3df2b93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。